【台湾】ゴマダラジンガサハムシ

  • ブックマーク
ゴマダラジンガサハムシ(ハムシ科)の写真

写真ギャラリー

まるで地球の上に乗っているようだ(台湾)

傘をかぶっているようにも、甲羅を背負っているようにも見える。(台湾)

外側に沿っているような甲羅のデザインなので、じっとしている時はピタッとくっついたようになって身を守れる。(台湾)

透明な体にオシャレなゴマダラの白黒模様だ。(台湾)

台湾(タイワン・Taiwan)で見つけた昆虫

ジンガサハムシの仲間で派手な模様をしています。台湾では比較的普通に見られるようですが、透明な体に白黒のおしゃれな模様が素敵な昆虫ですね!日本では見られないデザインに私はかなり興奮していましたよ(笑)

ジンガサというのは「陣笠」のことで、時代劇などでよくみる帽子のようなもののことです。それの形に似ているから名付けられています。この仲間はカメノコハムシと呼ばれたりもしますが、それはもちろん亀が甲羅を背負っているように見えるからです。

ゴマダラジンガサハムシ(ハムシ科)の写真
外に広がったような羽を持っているゴマダラジンガサハムシです。亀の甲羅に見立ててカメノコハムシの仲間と言われたりもします。

参考:日本にいる他のカメノコハムシやジンガサハムシ

本州、九州、南西諸島で見られます。
九州から南西諸島に生息しています

茂林(マオリン)の紫班幽谷(紫蝶幽谷)で出会いました

台湾には蝶が冬場を暖かく過ごすために集まってくる場所が何箇所かあります。その中で有名な場所が「紫班幽谷(紫蝶幽谷)」と呼ばれる場所です。とてもたくさんのマダラチョウの仲間がやってくるということで観光地にもなっています。遊歩道が整備されていて歩きやすく作られた場所をくるっと回って観察できるようになっていますよ。

台湾で出会った昆虫のまとめ

台湾旅行記(2019)

昆虫との出会いを求めて台湾へいってきましたが、祭りに行ったり台湾の文化に触れたりなど色んな体験をしてきたことをまとめています。

昆虫との出会いを求めて、はじめての台湾旅行(1日目)

昆虫との出会いを求めて、はじめての台湾旅行(2日目)

昆虫との出会いを求めて、はじめての台湾旅行(3日目、4日目)

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー