【台湾】白圈帶蛺蝶(白圈三線蝶)(日本名:ナカグロミスジ)

  • ブックマーク
台湾ナカグロミスジの写真

概要

写真ギャラリー

裏側はちょっと赤みのある茶色の模様(茂林)

枯れ葉の多い地面で何をしたいのか(茂林)

口のストローを伸ばして吸水ポイントを探している(茂林)

ナカグロミスジの正面(茂林)

後ろ羽の白い模様の中に黒い点があるが、それが真ん中くらいにあるのが特徴(茂林)

小石の隙間から地面まで口を伸ばして吸水しているのだろう(茂林)

胸のふわふわは綺麗なカラーリングだ(茂林)

三本のラインが入っているように見える模様からミスジとつけられている(茂林)

木漏れ日の差す日陰の地面を歩き回っていた(茂林)

台湾(タイワン・Taiwan)で出会ったミスジチョウ

ちょっと日陰になった草の多い地面に降りていました。吸水していたのか、すぐに飛び立つことはなく、ちょっとずつ場所を変えながらのんびりしていたのでゆっくりと追いかけて観察することができました。

羽の模様に黒い点々が入っているのですが、この点々が白い模様の真ん中くらいにきているのが特徴的で「ナカグロ」と名付けられていますね。

台湾ナカグロミズジの写真
台湾で出会ったナカグロミスジ

茂林(マオリン)の紫班幽谷(紫蝶幽谷)で出会いました

台湾には蝶が冬場を暖かく過ごすために集まってくる場所が何箇所かあります。その中で有名な場所が「紫班幽谷(紫蝶幽谷)」と呼ばれる場所です。とてもたくさんのマダラチョウの仲間がやってくるということで観光地にもなっています。遊歩道が整備されていて歩きやすく作られた場所をくるっと回って観察できるようになっていますよ。

台湾で出会った昆虫のまとめ

台湾旅行記(2019)

昆虫との出会いを求めて台湾へいってきましたが、祭りに行ったり台湾の文化に触れたりなど色んな体験をしてきたことをまとめています。

昆虫との出会いを求めて、はじめての台湾旅行(1日目)

昆虫との出会いを求めて、はじめての台湾旅行(2日目)

昆虫との出会いを求めて、はじめての台湾旅行(3日目、4日目)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー