【台湾】玉帶鳳蝶(日本名:シロオビアゲハ)

  • ブックマーク
台湾シロオビアゲハ

台湾(タイワン・Taiwan)で出会ったシロオビアゲハ

日本でも奄美大島以南で見られるチョウだ。
帯状に並んだ白い模様が特徴だが、メスではシロオビ型の他に後ろ羽の中央に白い紋の入るベニモン型と呼ばれるデザインのものも出現する。
今回は野外でベニモン型のシロオビアゲハに出会うことができた。

他に台湾で出会った昆虫はこちらから

概要

写真ギャラリー

ベニモン型のナガサキアゲハ♀(茂林)

白い帯と赤いもんの目立つ、ベニモン型のナガサキアゲハ♀(茂林)

ナガサキアゲハがちょっかいをかけにきた(台北市立動物園)

ナガサキアゲハの♂(台北市立動物園)

少し高いところで休んでいる(台北市立動物園)

白い帯が特徴的(台北市立動物園)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。