オオミズアオ(幼虫)

  • ブックマーク
オオミズアオの写真

写真ギャラリー

美しい色彩の成虫(滋賀)

葉をかじる幼虫(京都)

トゲというか、毛がやたら長いですね(京都)

光が当たると透けています(京都)

顔は褐色です。

トゲの付け根はオレンジ色。

この肉質感と透明感はなんとも言えない美しさがあります。

ライトトラップにやってきた成虫(滋賀)

顔がかわいい

オオミズアオってどんな蛾?

淡い緑色の羽を持つ美しい鱗翅目(りんしもく)の昆虫です。日本では一般的に蛾の仲間に入るのですが、本物に出会うとちょっと認識も変わるのではないでしょうか?

英語では「Luna moth(ルナ・モス)」と呼ばれ、月の女神を表しています。

その可愛さ、美しさはゲームのキャラクターにも現れ、ゲームのポケットモンスターでは「モスノウ」という白くかわいいモンスターとして描かれています。

オオミズアオの写真
オオミズアオの可愛い顔

幼虫も大きく育ち、不思議な突起を持ったイモムシで、ぷにぷにしていて気持ち悪いと思う人もいるかも知れませんが、とてもかわいいと人気があったりします。

オオミズアオの写真
オオミズアオの幼虫。
オオミズアオの写真
オオミズアオの幼虫。透き通っていてきれいなイモムシですね。

オオミズアオの特徴

オオミズアオとオナガミズアオの違い

とても良く似ているので標本で見比べないとわからないかもしれません。
いくつかの特徴を上げておきますが、複合的に判断する必要があります。

比較ポイントオオミズアオオナガミズアオ
羽の形丸みがある尖った印象
羽の色黄みがある青みが強い
前翅のフチ赤紫とピンク
白く見えてもピンクがまじる
赤紫と白
白い部分が入る
触角の色黄色緑がかる
後翅の眼状紋楕円形丸くなる
幼虫の突起根本が明るい根本が黒い
幼虫の顔褐色緑色
幼虫の食べ物バラ科、ブナ科など
広食性
カバノキ科のみ
オオミズアオの写真
オオミズアオ。
触角は黄色。羽の前フチには白身があるがピンクが混じっている。羽は丸っこく波打った印象です。
後翅の眼状紋はオナガのように丸っこい個体。

成虫の羽の形

オナガミズアオのほうが少し尖った印象で、オオミズアオは丸っこい印象になります。
オナガは直線的で、オオミズは波打つフチや模様の特徴もあります。

成虫の体の色

オナガミズアオの方が体色に青みが強い。
オオミズアオは黄みを感じる色です。

成虫の前翅の縁の色

どちらも前翅の縁は赤紫色になりますが、その縁の前半分の色はオナガミズアオの方が白い。もしくは、オナガは真っ白な部分が入ります。
オオミズアオでは白くなるがピンクっぽい。拡大してみると、白く見えてもピンクの鱗粉が混じっています。

成虫の触角の色

オオミズでは赤みを感じる黄色の触角ですが、オナガは緑がかった印象です。

成虫の後翅の眼状紋

後ろの羽の丸い模様が、オナガミズアオのほうが丸い。オオミズアオでは楕円形。

幼虫の突起

オナガミズアオの育った幼虫の突起は根本が黒い。

幼虫の顔

オナガミズアオの幼虫の顔は体色と同じ緑色。オオミズアオは褐色となります。

オオミズアオの写真
オオミズアオの突起の根本はオレンジ色。オナガミズアオでは黒くなります。
オオミズアオの写真
オオミズアオの顔は褐色。オナガミズアオは緑色の顔をしています。

オオミズアオの生態

フェロモンで誘惑

オオミズアオのメス♀はフェロモンでオスをおびき寄せることが知られています。
そのフェロモンを感知するために触角が発達しているので、オスのほうが触角がフサフサで大きいです。

光に集まる走光性

オオミズアオは光に向かって飛んでいく習性を持っており、走光性があります。
ライトトラップなどにもやってきますし、街頭や夜の建物の明かりにやって来ることもあります。

オオミズアオの写真
ライトトラップにやってきたオオミズアオ。

飼育はできる?

餌(エサ)や食べ物

オオミズアオの成虫は口が退化して何も食べることができません。
そっと見守ってあげましょう。

幼虫はサクラやウメなどのバラ科の植物、カエデ類やブナ科の植物など多食性で育てやすいイモムシです。
餌を上げる場合は農薬などには気をつけたいですね。

オオミズアオの成長

楕円形のまるっこさにまだら模様の入った卵です。

幼虫

幼虫はトゲトゲした突起を持っているイモムシですが、毒はありません。
触ったことのある人の話では、トゲトゲは意外に固くてちくっとするようです。

オオミズアオの幼虫の顔は褐色をしているので、オナガミズアオと区別できます。
突起の目元が黒くならないのも特徴です。

生まれたての幼虫は黒色と黄色っぽい感じで、だんだんとオレンジ色が強くなっていきますが、3齢幼虫くらいまでなるとキレイな緑色の体をした重量感のあるイモムシになって育っていきます。

オオミズアオの写真
顔は褐色で、突起の根本は黒くなりません。

繭/蛹(サナギ)

サナギになる直前の幼虫は、色がオレンジとも茶色とも言えないような色に変わります。
一見死んでしまうのかと思うような変化です。

そこからは葉っぱを綴って繭を作り、その中でサナギになります。

秋頃に繭を作ったものはそのまま越冬し、春から初夏にかけて羽化してきます。

分布や生息地

こんなに美し昆虫ですが、特段珍しい昆虫ではありません。
理由としては食草の幅が広く、桜なども食べるので東京などの都会の中でも見られることがあるようです。(さすがに都心とかは無理と思います。)

分布としては北海道から九州までの広い範囲で見ることができますし、緑の多いところなら見られる確率はかなりあがるでしょう。

基本的には夜行性なので、昼間は木や葉にぶら下がって止まっています。灯火などにもやってきますね。

オオミズアオの仲間をもっと見る!

ムシミルではたくさんの昆虫の面白い!を届けていきます。
綺麗な写真をたくさん使って紹介していますので、他の昆虫も是非ご覧になってください。
これからもムシミルをよろしくお願いします!

ヤママユガ科まとめ 山繭蛾図鑑

ヤママユガ科のバナー
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー