シンジュサン

  • ブックマーク
シンジュサンの写真

写真ギャラリー

シンジュサンの幼虫 とてもカラフルな色彩で外国のお菓子みたい(兵庫)

手を近づけると乗ってくれた(石垣島)

三日月模様(石垣島)

大きい体だが、顔が可愛い(石垣島)

大きな羽に三日月模様が幻想的でとても美しい(石垣島)

シンジュサンってどんな虫?

三日月の入った美しい羽

羽には三日月のような模様が入っていて、シンジュの由来を知ると神々しく感じられます。その三日月模様が特徴的なので、古くは「ミツキムシ」と呼ばれていたそうです。

シンジュサンの三日月模様

シンジュサンの写真
シンジュサンの羽には三日月にも見える模様が入っているのが特徴的です。この模様を見て三日月を連想した昔の人はなかなかロマンチックです。

シンジュとは神樹の意味

シンジュ(神樹)は明治時代に輸入された植物でニワウルシの別名です。食草から名前がついているということもありますが、月の模様を体にまとった大きな生き物が夜の空を羽ばたいていたら、それは神々しく見えたのではないでしょうか。

ヤママユガ科

昆虫の分類でチョウ目があり、その中には私達の知る蝶(チョウ)や蛾(ガ)が含まれています。このサイトでは一般的な分け方である蛾(ガ)の仲間を「ガ類」としており、その中に「ヤママユガ科」は含まれています。この仲間は大型の種類が多く含まれています。

大きな蛾(ガ)

日本の蛾の中でもかなり大きい方です。もっと大きい蛾だと、日本(世界)で最大のヨナグニサンなどには敵いませんがシンジュサンも出会うとびっくりするくらいのサイズ感です。実際に目の前に現れたらその大きさにびっくりして鳥が飛んできたのかと勘違いするほどです。

手に乗ったシンジュサン

シンジュサンの写真
灯火にやってきたシンジュサンです。手を近づけると乗ってきました。かなり大きいのでちょっとびびりますが、一度乗ってしまえば可愛いものです。羽根を広げると手の平からはみ出す大きさです。

ペールカラーなイモムシ

淡い黄色、青色、緑色の全体的にペールトーンで配色されています。全体的な肉質突起が目立つイモムシですがその配色がとても可愛らしいです。食草の幅も広く色んな所で見られそうなのですが、私が初めて見たのは昆虫館でのことでした。写真はその時に触らせてもらったイモムシの写真です。

まるで外国のお菓子のような淡く不思議な配色をしており、昆虫館に遊びに来ていた子どもたちからも人気のイモムシでした。

イモムシの写真

シンジュサンの写真
シンジュサンの幼虫はすごいカラーリングで外国のお菓子のようです。このまま組のデザインにでもしたら美味しそうなのでは?と思ってみたりもしますが、成虫になると配色が地味に変わるのが不思議ですね。

蛹(サナギ)

葉を合わせた中に繭を作ってその中で蛹になります。落ち葉の中から見つかったりもするようです。

ヤママユの仲間をもっと見る!

ヤママユガ科まとめ 山繭蛾図鑑

ヤママユガ科のバナー
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー