アサヒナキマダラセセリ

  • ブックマーク
アサヒナキマダラセセリの写真

写真ギャラリー

オキナワアズチグモにとっては天然記念物など関係ない。変な体勢で止まっているセセリチョウを見つけ、「アサヒナかも!?」と近づいてみると、止まり方が変だ。嫌な予感がして反対側に回り込んでみると、見事にクモ捕まってしまっていた。

淡い斑点が特徴になる。(石垣島)

アサヒナキマダラセセリってどんな蝶?

沖縄県天然記念物で絶滅危惧Ⅱ類の生きた化石

アサヒナキマダラセセリは石垣島と西表島にのみ生息し、山地の少し涼しいところに住んでいる珍しいチョウです。アジア大陸と琉球列島が陸続きだった氷河期に移り住んだ遺存種だと考えられています。生きた化石と呼ばれることもあるそうです。1978年には沖縄県天然記念物に指定され、卵、幼虫、成虫に関わらず採集は禁止されています。特殊な環境でしか生息できず、珍しいこともあって密漁なども後を絶たないそうで、成虫の見られる時期にはボランティアなどのパトロールの方が麓(ふもと)で採集をしないように呼びかけなどを行っています。環境省のレッドデータブックのリストでは絶滅危惧Ⅱ類です。

絶滅危惧Ⅱ類とは

絶滅危惧種の危険度を表したもので、絶滅危惧Ⅱ類は「絶滅の危険が増大している種」を指しています。Ⅱ類だから大丈夫ということはなく、ここに名前が出てくるというのはちょっとした環境の変化でもすぐに絶滅する危険があるのです。

標高の高い山頂に生息

石垣島の於茂登岳など、標高の高い山頂付近にのみ生息しています。成虫になると、麓の方に降りてくることもあります。与那国島などにも食草になるリュウキュウチクはあるのですが、高い山がないために生息することができません。

見られる時期がとても短い

成虫が発生するとされているのは5月の上旬から下旬の2~3週間だけです。このこともアサヒナキマダラセセリの希少性を高めています。一年の中で決まった時期にだけ成虫が見られるのは北方系のチョウの特徴でもあります。

夕方頃に活動

曇天や夕方に敏速に飛翔をします。暖かいのは苦手なのでしょうね。その時間帯には成虫が麓まで降りてきて吸ミツしているのを見たりします。

ネッタイアカセセリに似ている?

ぱっと見た感じではネッタイアカセセリと見間違うことがあるようです。アサヒナキマダラセセリのほうが、表の羽の模様が不明瞭なのと、裏の羽には淡色の斑紋が並ぶことから、ネッタイアカセセリと区別できます。

参考:ネッタイアカセセリ

セセリチョウの仲間をもっと見る!

セセリチョウ科まとめ 蝶の図鑑

セセリチョウ科のバナー
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー