オキナワツノトンボ

  • ブックマーク
オキナワツノトンボの写真

写真ギャラリー

触角の先は黒い(石垣島)

実は複眼が上下で分かれている。写真を少し拡大してみた。(石垣島)

オキナワツノトンボ(石垣島)

林道や公園などあちこちで見かけることができる(石垣島)

オキナワツノトンボってどんな虫?

トンボとは違う昆虫

名前にトンボとついているので勘違いされることがあるのですがツノトンボはトンボではありません。ツノトンボの特徴としては大きな複眼や透明な羽、長めの腹部の形から似ているような気がしなくもありませんね。

しかし、実際に近くで見てみると長い触角やフワフワの毛が沢山あったり、飛んでいる姿もハタハタ飛んでいるのが大きく違う点です。顔のあたりを見ると、棍棒状に先の膨らんだ触角などはまるでチョウチョのようでもあります。実際には「カゲロウの仲間」で、クサカゲロウなどに近い仲間とされています。

オキナワツノトンボ
オキナワツノトンボがじっと止まっています。

代表的なトンボ「シオカラトンボ」と比べてみる

トンボ科の昆虫と見比べると全然違う雰囲気だとわかりますね。

ツノトンボ科

昆虫の分類にアミメカゲロウ目があり、オキナワツノトンボはその中のツノトンボ科に含まれています。この仲間にはオオツノトンボやキバネツノトンボなどが含まれています。

似ているヤエヤマツノトンボとの違い

似た種類にヤエヤマツノトンボがいますが、そちらでは触角の先が黄色くなっています。ここで紹介しているオキナワツノトンボは触角が黒いのが違う点ですね!普通のツノトンボは南西諸島にはいないのですが、この二種類は石垣島と西表島では混生しているようです。

複眼が上下で分かれる

複眼は昆虫の目の部分のことです。そこが上下に分かれているのも特徴的です。ツノトンボの仲間がみんな同じ特徴を持っているわけではなく、同じツノトンボの仲間でもオオツノトンボなどは複眼が上下にわかれません。

オキナワツノトンボ
オキナワツノトンボの複眼。上下にわかれているのが見えるだろうか?

アミメカゲロウ目(脈翅目)まとめ カゲロウ図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー