オキナワツノトンボ

  • ブックマーク
オキナワツノトンボ

オキナワツノトンボってどんな虫?

トンボとは違う昆虫

名前にトンボとついており、大きな複眼や透明な羽、長めの腹部の形から似ているような気もする。
しかし、実際に近くで見てみると長い触角やフワフワの毛が沢山あったり、飛んでいる姿もハタハタ飛んでいるのが大きく違う。
顔のあたりを見ると、棍棒状に先の膨らんだ触角などはまるでチョウチョのようでもある。
実際には「カゲロウの仲間」であり、クサカゲロウなどに近い仲間である。

オキナワツノトンボ
オキナワツノトンボ

代表的なトンボ「シオカラトンボ」と比べてみる

トンボ科の昆虫と見比べると全然違う雰囲気だとわかる。

似ているヤエヤマツノトンボとの違い

似た種類にヤエヤマツノトンボがいるが、触角の先が黄色くなっている。
触角の黒いのはオキナワツノトンボだ!
普通のツノトンボは南西諸島にはいないのだが、この二種類は石垣島と西表島では混生しているようだ。

複眼が上下で分かれる

複眼は昆虫の目の部分のことだ。
そこが上下に分かれている。
同じツノトンボの仲間でも、オオツノトンボなどは複眼が上下にわかれない。

オキナワツノトンボ
オキナワツノトンボ

他の昆虫はトップページから

概要

写真ギャラリー

触角の先は黒い(石垣島)

実は複眼が上下で分かれている。写真を少し拡大してみた。(石垣島)

オキナワツノトンボ(石垣島)

林道や公園などあちこちで見かけることができる(石垣島)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。