アゲハチョウの飼育記録~あの可愛い「めだま模様」に会いたい~

アゲハチョウの飼育

アゲハチョウと言えばどんなイメージを持っていますか?
春の蝶とか黄色い蝶とか色々浮かぶと思います。
幼虫はどうですか?
可愛い「目玉(めだま)模様」を知りませんか?
あの目玉模様を近くで観察したいと思って飼育を開始しました!
さぁ、かわいい目玉模様のイモムシに出会えるでしょうか。

アゲハチョウの幼虫
アゲハチョウの終齢幼虫

まずは事前知識から。

アゲハチョウの一生

アゲハチョウはナミアゲハとも呼ばれます。完全変態の昆虫で、卵→幼虫→サナギ→成虫と大きくなっていき、オスとメスが出会って卵を産みます。
産卵から成虫になるまでの期間は2ヶ月程度かかりますが、タイミングを見れば自由研究にも良さそうですね!

アゲハチョウ(ナミアゲハ)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)

「アゲハチョウ(ナミアゲハ)」と「キアゲハ」の違い

アゲハチョウを見てキアゲハと思う人がよくいるのですが、同じアゲハチョウの仲間でも違う種類です。
とても良く似ていて間違いやすいキアゲハですが、どんな違いがあるのか確認して間違えないようにしましょう!

模様の違い

・アゲハチョウは前翅のつけ根の模様が黒い筋状
・キアゲハは前翅のつけ根に黒い模様があるが筋は入っていない

羽の色の違い

・アゲハチョウは淡い黄色。(濃い個体もいる)
・キアゲハは黄色みが強い。(薄い個体もいる)
(※個体差があるので確実ではない)

幼虫の見た目の違い

・アゲハのイモムシは大きくなると特徴的な目玉模様
・キアゲハのイモムシは縦筋の入ったしましまデザイン

幼虫の食草(食べ物)の違い

・アゲハのイモムシは柑橘(かんきつ)系のミカンやサンショウなどのミカン科の植物
・キアゲハのイモムシはニンジンやセリなどのセリ科の植物

アゲハチョウの幼虫
柑橘系を食べるアゲハチョウの幼虫
キアゲハ幼虫
セリ科の植物を食べるキアゲハ幼虫

似ているチョウですが、幼虫の姿や食べるものなどを見ると、違うところがたくさんありますね。

アゲハ幼虫/イモムシの天敵

鳥やトカゲやカエルなど、昆虫を食料として狙う動物がたくさんいます。
同じ昆虫の仲間でも、肉食のハチやサシガメなどにも狙われます。
特に気をつけたいのは寄生蜂(きせいばち)や寄生蝿(きせいばえ)の仲間。
こいつらに卵を産み付けられると、中身を食べられてしまい成虫になることはありません。
以前飼育していたタイミングだと、蛹になる直前の前蛹の状態で寄生蜂がやってきていました。

アゲハチョウ 寄生蜂
寄生蜂の一種。アオムシコマユバチだと思います。

アゲハチョウの見つけ方

アゲハチョウはよく見られる昆虫で、見つけるのはそんなに難しくはありません。

卵や幼虫

アゲハチョウの幼虫はミカン科の植物を食べて大きくなります。
ですからミカン科の植物を探してよく観察してみましょう。
特に柔らかそうな新芽が出ているところによく産み付けられています。
黄色い丸い粒がついていたらアゲハチョウの卵の可能性が高いです。

生まれたての幼虫は黒い体をしており、鳥の糞(ふん)に擬態(ぎたい)していると言われています。
そんな小さな幼虫を葉っぱの上で探してみるのもよいでしょう!新芽の近くに産卵されていることが多いので、若い幼虫は新芽の辺りで見つけることが多いですよ。

園芸店などで、外に出されているミカン科の植物の鉢などはアゲハチョウにとってもちょうど良い産卵場所です。
売り物に卵を産み付けられた園芸店としてはつらいかもしれませんが、そのような鉢をまるごと買ってきて観察するのも良いと思います。

成虫

成虫のアゲハチョウは色んな花に訪花してミツを吸うので花のたくさんあるところや公園などに行くと良いでしょう。
またミカン科の植物に産卵するので、産卵しそうなミカン科の植物の周りで待っているとアゲハチョウのメスが見つかるかもしれません。

ミカン科の植物の色々

ミカン(蜜柑)、レモン(檸檬)、キンカン(金柑)、サンショウ(山椒)、コブミカン、ポンカン、オレンジ、ユズ、グレープフルーツ、イヨカン、ハッサク、ライム、スダチ、カボスなど

アゲハイモムシの飼い方・飼育

餌(エサ)

ミカン科の植物の葉を食べます。
ミカンやレモン、オレンジなどの葉っぱを上げると良いでしょう。

飼育ケースで飼う場合

食草となる葉っぱを枝ごと取ってきて水に挿して入れておいてあげると長持ちします。
なくなる前に新しいものを入れてあげましょう。

瓶(ビン)に食草を挿してそのまま飼う方法

食草を瓶に挿してそのまま飼うこともできます。エサから離れることは基本的にはないので逃げ出すこともないでしょう。
糞(ふん)をするので、下にザルや新聞紙を引くなどの工夫は必要です。

鉢で飼う場合

鉢で丸ごと飼う場合は、鉢に水をあげるのを忘れないようにしましょう。
水が足りないと葉っぱが見るからにしおれてきます。しかし水をあげればまた復活します。
幼虫は大きくなってくるとかなりのペースで葉っぱを食べていきます。
小さい鉢だと丸坊主にされて、枯れてしまう可能性もあるので気をつけましょう。
室内に鉢を置く場合は、瓶のとき同様で糞(ふん)の掃除をするのに、下にザルや新聞紙を引いておくと良いですね。
外で飼う場合は、天敵に襲われる可能性があるので注意したいです。ネットで守るなどしてあげないと、気がついたらいなくなっている可能性があります。
ネットも目の細かいものを準備しておく必要があります。寄生蜂などはとても小さいので目が粗いとすり抜けて入ってきてしまうからです。

飼育の注意事項

・病気

様子がおかしくなったり、色がくすんできたりしたら病気の可能性があります。他の幼虫に影響が出ないうちに隔離しましょう。残念ですが、大抵の場合はそのまま死んでしまいます。

・農薬

農薬がかかっていないどうかは注意したいです。自宅で育てているものだと安心ですが、外からとってきたものだと農薬がついている可能性があり、それを食べた幼虫が死んでしまうかもしれません。
自宅のものであっても、近所で農薬を散布したものが飛んできている可能性もあるので、エサとして与えるものはできるだけ丁寧に洗ってあげたほうがよいです。

・寄生蜂

外で飼育する場合に寄生蜂(きせいばち)や寄生蝿(きせいばえ)にやられる可能性があります。目の細かいネットで守ってあげるか、室内での飼育のほうが安全です。

・水滴

ケースを密閉したりすると、ケース内に水滴ができることがります。まだ小さい幼虫の場合は溺れてしまう可能性があるので通気性はよくして飼ってあげてください。

・サナギになるとき

基本的に食草から離れることは無いのですが、サナギになるときだけは餌から離れてサナギになる場所を探しに行くことがあります。
幼虫が大きくなったら注意深く見守ってあげましょう。エサを食べなくなったり、からだの色が透き通ったような印象になったらサナギになる前兆かもしれません。

アゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育記録

卵を見つける

今回は卵を探すのに園芸店へ行ってきました!
そこで見つけたミカンの鉢を丁寧に一個ずつ見ていくと、、、、、ありました!
黄色い卵。アゲハチョウの卵です!
それを鉢ごと買って帰ることにしました。
金額は1500円ほどの鉢でした。

4/15 アゲハチョウの卵

アゲハチョウの卵
アゲハチョウの卵。黄色く丸い卵ですね。

4/24 アゲハチョウの1齢幼虫

卵の様子を確認しようと思ったら、幼虫になっていました!

アゲハチョウの1齢幼虫
生まれたばかりの1齢幼虫は黒くて小さい毛むくじゃらです。
アゲハチョウの1齢幼虫
じっとしていると、なにかのゴミが付いているようにしか見えないです。

鉢にネットをかけておく

生まれたばかりの幼虫は寄生されたりはあまりしないのですが、外に鉢を置いているので蜘蛛などに捕食される可能性もあります。
ですから、ネットをかけて保護しています。
隙間もありますが、ないよりはだいぶましでしょう!

アゲハチョウの飼育
新芽のあたりにしかいなかったので上の方だけネットをかけています。使用しているのは排水口のゴミ取り用のネットです。ちょっと窮屈そうなので大きいのに変えたいと思います。

4/26 アゲハチョウの1齢幼虫

大きくなったので2齢幼虫かと思いましたが、毛の感じなどを見る限りまだ1齢幼虫のようです。そろそろ2齢幼虫になるかな?

アゲハチョウの1齢幼虫
少し大きくなった1齢幼虫
アゲハチョウの1齢幼虫
いっぱい食べて膨らんだって感じでしょうか。

4/27 アゲハチョウの2齢幼虫

タイミングよく脱皮をしていました。皮を脱いだばかりですが、しばらく経つとこの皮は食べてしまいます。

アゲハチョウの2齢幼虫
脱皮して2齢幼虫になりました。全体のトゲトゲが大きくなってきましたね!
アゲハチョウの2齢幼虫
上にちょっと残っている黒いのが脱皮した抜け殻

5/4 アゲハチョウの3齢幼虫

一週間ほど経ったのですが、更に大きくなっています。どうやら3齢幼虫になっているようです!

アゲハチョウの3齢幼虫
アゲハチョウの3齢幼虫。この白黒の姿は一般的に鳥の糞に擬態していると言われています。
アゲハチョウの3齢幼虫
アゲハチョウの3齢幼虫

アゲハチョウの4齢幼虫

アゲハチョウの幼虫
アゲハチョウの4齢幼虫。飼育してた幼虫は気がついたらみんな終齢幼虫になっていたので、別のタイミングで大きくなっていた4齢幼虫の写真を載せておきます!全体的に白い模様はくっきりはっきりしてきました!

5/11 アゲハチョウの終齢幼虫(しゅうれいようちゅう)

アゲハチョウの幼虫
アゲハチョウの終齢幼虫は今までとぜんぜん違う姿に変貌します。白黒模様で、鳥の糞に擬態していると言われる姿から、緑色で目玉模様のある姿に大きく変わります。トゲトゲもなくなりましたね!

5/12 アゲハチョウの終齢幼虫(しゅうれいようちゅう)

イモムシの臭覚(しゅうかく)

アゲハチョウの幼虫
刺激を与えると臭角(しゅうかく)と呼ばれるツノを出します!
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の臭角は黄色いツノをしていて、独特な臭いを放ちます。身を守る方法の一つですね!

イモムシの食事

アゲハチョウの幼虫
もりもり葉っぱを食べています!よく見るとアブラムシもついていますが・・・ どーなったんでしょうね?
アゲハチョウの幼虫
ちょっと指に乗せてみました!イモイモ歩いて登ってくるのは可愛いですね。
アゲハチョウの幼虫
幼虫でも昆虫ですから脚(アシ)は6本です。イモムシは脚(アシ)がたくさんあるように見えますが、前方にある少し尖ったような6本が脚です。真ん中から後ろの方にも脚が見えますが、これは厳密には「腹脚(ふくきゃく)」と呼ばれている器官です。脚のような働きをして、歩くのに使ったり、木につかまったりするのに利用されます。
アゲハチョウの幼虫
アゲハチョウの幼虫のお尻。なんだかかわいいですね。

アゲハチョウの糞・うんち

アゲハチョウのうんち
アゲハチョウの糞(ふん)が葉っぱの上に落ちていました。
アゲハチョウのうんち
アゲハチョウのイモムシの、できたてホヤホヤのうんちです。食べた葉っぱの色をしています!

5/13 アゲハチョウの蛹化(ようか)と終齢幼虫(しゅうれいようちゅう)

アゲハチョウの幼虫
アゲハチョウの終齢幼虫を正面から!こうやって見ると雰囲気がだいぶん違いますね!
アゲハチョウの幼虫
一匹が鉢から降りてどこかへ旅に出始めました。エサとなる葉っぱがまだたくさんあるのに鉢から離れていくときは、蛹になる準備をするのに良い場所を探しているときです。
アゲハチョウのケース
どこへ行ってしまうかわからないので、蛹になる部屋を作ってあげました。葉っぱと枝を何本か入れておきました。もちろんフタもします。

アゲハチョウの前蛹(ぜんよう)

アゲハチョウの幼虫
アゲハチョウの前蛹。葉っぱではなく枝につかまって蛹になる準備を始めたようです。サナギになる直前のこの状態を「前蛹(ぜんよう)」と言います。体を縮めて蛹になるための脱皮の準備をしています。
アゲハチョウの幼虫
蛹になったときに落ちないように体を輪っか状の糸で引っ掛けています。器用に糸をはるものですね。

5/14 アゲハチョウの蛹(サナギ)と終齢幼虫(しゅうれいようちゅう)

アゲハチョウの幼虫
日付が変わったばかりの深夜。他の幼虫も大きくなっています。写真はアゲハチョウのイモムシの正面。真ん中くらいに糸くずがたくさんついていますが、そのあたりが頭です。黒いラインが入っていて正面から見ると不思議な感じですね!

アゲハチョウの蛹(サナギ)

アゲハチョウのサナギ
イモムシから蛹になることを「蛹化(ようか)」と言います。
昨日、前蛹になったイモムシは無事にサナギになりました!蛹化成功ですね。黄緑と黄色の模様のきれいなサナギです。
アゲハチョウのサナギ
正面(真後ろ?)から見るとまた雰囲気が違って見えて面白いです。この模様は葉っぱの葉脈をイメージしたものでしょうか??

蛹になった時の脱皮殻

アゲハチョウの脱皮殻
アゲハチョウの脱皮殻が落ちていました。顔がそのまま残っていて面白いですね!

アゲハチョウの前蛹(ぜんよう)

アゲハチョウの前蛹
夜になると他の幼虫も前蛹になっていました。お昼の間に動かなくなったり、歩きまわったりを初めたのでケースの中に入れておいたのですが、ケースのフタの裏でサナギになることにしたようです。

5/15 アゲハチョウの蛹(サナギ)

アゲハチョウのサナギ
並んだまま二匹とも無事に蛹になることができました!

5/24 アゲハチョウの羽化(うか)

最初に蛹になったチョウが羽化して成虫になりました!

羽化して成虫になったアゲハチョウ

アゲハチョウ(ナミアゲハ)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)が羽化していました!蛹になってから約10日で大人のチョウチョになりましたね!

サナギの脱皮殻

アゲハチョウのサナギの抜け殻
アゲハチョウのサナギの抜け殻。きれいに抜けたものです。
アゲハチョウのサナギの抜け殻
パカっと割れています。ここから抜けてくるのですね!

5/25 アゲハチョウの羽化(うか)

ケースの天井についていたサナギは、気がついたら落下していたので枝にくっつけてあげました。

アゲハチョウのサナギ(脱皮直前)

アゲハチョウの羽化
黄緑色だったサナギに黒い部分が出てきました。よく見ると羽や顔が見えます。もうすぐ羽化です。
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。サナギが割れて全面からチョウが出てきました!
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。サナギから抜けると羽を伸ばせるところまで登っていきます。
羽はしわくちゃで、お腹もぷっくりしています。

アゲハチョウのストロー状の口

アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。チョウはストロー状の口を持っていますが、羽化したばかりのときは2本の口が見えます。
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。ストローが2本に割れているのがわかります。伸ばしたり丸めたりしながら丁寧にくっつけていきます。
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。口の形がだんだん1本のストローになってきましたが、まだ先のほうが割れています。
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。何回も伸ばしたり丸めたりを繰り返して、どうやってくっついたのかはわかりませんが一本のストロー状の口になりました。

アゲハチョウの羽のアップ。鱗粉(りんぷん)

アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。蝶の羽には鱗粉(りんぷん)と呼ばれる小さな鱗のようなものがたくさんついています。その鱗粉で模様ができているのですね!触ると取れてしまいます。
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。羽が伸びたように見えますがまだかなりしなっています。羽の翅脈(しみゃく)に液体を送り込んで伸ばしていきましたが、しっかりと羽が固まるのには時間がかかるようです。
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。ちゃんと伸びた羽は美しいですね!
心持ち体が重たそうに見えます。

アゲハチョウのおしっこ

アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。しばらくするとお尻から体液を出してきました。おしっこでしょうか。
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。余分な体液を出してお腹もスッキリとしたのでしょうか。枝に捕まる姿も凛々しくなってきました。
アゲハチョウの羽化
アゲハチョウの羽化。かなり羽がかたまったようで、ゆっくりと羽を広げたり閉じたりをしていました。

5/26 アゲハチョウ(ナミアゲハ)

アゲハチョウ(ナミアゲハ)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)が無事に羽化をした次の日。外に逃がしてあげました。
アゲハチョウ(ナミアゲハ)
これから、この広い世界に飛び立っていきます!

まとめ

4月の15日に卵を迎えてから5月の24~26日くらいに羽化していきました。産卵されたタイミングが正確にはわかりませんが、大体40日~50日くらいで成虫のアゲハチョウになるようですね!

サナギが落下するトラブルなどもありましたが、無事にみんな飛び立つことができてよかったです。野外で観察するのも面白いですが、飼育してみると普段見ることのできない姿も観察することができますので、機会があれば是非チャレンジしてみましょう!

チョウの飼育記事

モンシロチョウの飼育記録~アオムシさんとの思い出を作ろう~

ベニシジミ(シジミチョウ科)の飼育と観察~幼虫も紅色をしているの?~

チョウチョのことをもっと知りたかったら