カブトムシの飼育と観察!我が家にカブトムシの幼虫がやってきた!

  • ブックマーク
カブトムシ飼育記録のバナー

「カブトムシ特集!はこちら

村松佳優の写真
普段はこんな感じです

はじめまして。昆虫写真家の村松です。
このサイトでは昆虫の写真を通して自然に関心を持つ人がたくさん増えるようにと運営しています。写真を使って昆虫の紹介をしたり、興味を持つ人が増えればと飼育などの記事も書いています。

カブトムシは、めっちゃ増えるって本当なんですね。
「夏祭りでもらってきたカブトムシがめちゃくちゃ増えて困ってる。そーだ、村松さん(サイト管理人)にあげよう!」ってな感じで我が家にカブトムシの幼虫がやってきました!

もちろんウェルカムです(笑)

飼育した観察記録をつけていきたいと思いますが、土の中で成長する幼虫なので頻繁に更新はできないと思います。忘れた頃にまたのぞいてもらえたら嬉しいです。

まずはカブトムシの基本から!

カブトムシの一生

カブトムシは土の中で成長する幼虫時代に冬を越し、夏前に蛹(サナギ)になります。
大きく姿の変わる「完全変態」の昆虫で、大きく姿を変えて成虫になります。
オスには立派なツノができますね!

夏の間は樹液に集まり、里山や雑木林の風物詩でもあります。
子どもたちの人気者で昆虫採集の対象にもなりますが、大人でもカブトムシを飼育する人は多いです。
飼育は比較的簡単で、生き物と触れ合うのにカブトムシはとても良いですね!

夏の間にオスとメスは出会って子孫を残します。土の良い状態のところに卵をばら撒くように産卵し、しばらくすると幼虫が孵化(ふか)してきます。
冬になる前に大きくなってエネルギーを蓄えておくんですね。

もっと詳しく特徴や生態を知りたかったら
「カブトムシ」のページへ

カブトムシを手に入れる方法

カブトムシは人気な昆虫なので手に入れるのは簡単です。
知人にもらう、購入する、採集するなど色んな方法が考えられます。

採集方法が知りたかったらこちら
【昆虫採集】カブトムシを捕まえるコツ!服装と装備の注意点!

カブトムシの飼い方・飼育

幼虫の飼育ではマットと呼ばれる土を手に入れればオッケーです。
田舎だと近所の土でもいけたりしますし、製材所などで出た木材の破片が朽ちたものなどもカブトムシは好みます。

成虫では、土にとまり木。そして餌となる昆虫ゼリーが必要ですが、そのくらいのものがあれば飼育できます。

もっと詳しく飼育のことが知りたかったらこちらで
寿命は何年?カブトムシの飼育まとめ!卵・幼虫からの飼育もご紹介!

飼育の注意事項

幼虫も成虫も大きな注意点はこの3つです。

  • 乾燥には注意する
  • 直射日光を当てない(日陰か室内に置きましょう)
  • エサは切らさない

飼育ケースで育てる場合は天敵などを気にする必要は基本的にありません。
病気になったり、菌に侵されることはありますが、対策が難しいので気にしても仕方がないです。できることは、信頼できる土を購入して安心感を高めることくらいでしょうか。

温度管理をする場合は20℃~25℃くらいが良いとされていますが、室内で管理する場合はそんなに気にしなくても大丈夫です。

カブトムシの飼育、成長記録

ここから飼育と観察です!

今回は幼虫を頂いたので、幼虫の段階からの飼育になります!

2/2 カブトムシの3齢幼虫

もう冬を越す準備の整った3齢幼虫を6匹いただきました。

100均などにあるタッパーです。サイズ的にもなかなか便利なものになります。
しかし、それでも幼虫6匹は入れ過ぎなので、冬の間にケースはいくつかに分けてあげようと思います。

カブトムシの飼育ケースの写真
カブトムシを頂いた時のケース。2~3匹ならこのケースのままでもオッケー。
カブトムシの飼育ケースと幼虫の写真
カブトムシの幼虫が見えています。土の中では丸まった姿勢をとっているのですね。
カブトムシの幼虫の写真
カブトムシの幼虫にご挨拶。なかなか立派な幼虫です!
ここまで大事に育てられてきたのでしょうね。
カブトムシの幼虫の写真
久しぶりに見ると、その大きさにビックリします!
カブトムシの幼虫を手のひらに乗せてみましたがこんなに大きいのです。
餌を沢山食べるともっと大きくなる個体もいるみたいですよ。

3/16 カブトムシの土交換

そろそろ春に向けてカブトムシの幼虫6匹のケースを分けてあげようと思ったのと、餌となる土も一回交換しておこうと思いました!
まずは、新聞紙を広げて土をひっくり返します。

カブトムシ飼育の画像
ひっくり返した土です。
幼虫は別のケースに移してます。いきなり地上に放り出されてびっくりしていますが、ちょっと我慢してもらいましょう。

土の中に丸くコロコロしてものが入っています。
これは幼虫の糞(ふん)になります。しっかりと食べてくれた証拠ですね!

カブトムシ飼育の画像
土の中に大きな塊が混じっています。
カブトムシ飼育の画像
これがカブトムシの幼虫の糞です。

土を食べて細かくなったものなので、これもまた自然に還っていくような循環が自然の中では行われているのですね。

荒い目のざるがあると、この糞だけよけてまだ食べてないところだけ選り分けることもできます。
そこまでは手間もあるので、この土をざっくりと半分くらい残して新しい土を混ぜてあげると良いと思います。
一気に全部変えるよりは食べるものや住心地が変わりにくいので良いと思います。

カブトムシを取り出した土ですが、少し乾いてきてます。
ギュッと握ってみると土の感じがわかります。
新しい土と水を足してあげようと思います。

水分の足りない土

カブトムシ飼育の画像
土が少し乾いてきているので一度確認をするのににぎってみた。
カブトムシ飼育の画像
手を広げてみると土は全く固まることはなくばらばらと崩れてしまいました。

水分を足した土

カブトムシ飼育の画像
土をタッパーに移してまぜまぜまぜまぜ。
僕は素手で行ってますが、気になるならゴム手袋をしたり、割り箸でかき混ぜてあげると良いと思います。
加水の調子を見るのにもう一度握ってみるとこんな感じになりました!
この状態でも触ると崩れるくらいなので、もうちょっと加水してもよいかと思いましたが、やりすぎて大変なことになっても嫌なのでこのくらいにしておきます。

土の準備ができたので、カブトムシの幼虫を大きなケースに3匹。残りの3匹は小分けにして成長を見守りたいと思います。

カブトムシ飼育の画像
もともと入っていた3.6リットルのタッパーです。小分けの分と土を分けたらちょっと少なめになってしまったので、春にもう一回土を足してあげようと思います。
そしたらこのくらいでちょうど良い気がします。
カブトムシ飼育の画像
あとの3匹はこんな感じで分けてあげました。
こちらもまた土を足してあげないとですが、一匹なので広々空間です。2リットルのペットボトルでも個別管理可能なので、それよりも広いスペースがあります。

ちゃんと6匹とも無事で良かったです!
この調子ですくすく育ってもらいたいですね!

次回の更新もお楽しみに!

カブトムシ特集はこちら

カブトムシの仲間(コガネムシ科)まとめ 兜虫図鑑

カブトムシの仲間のバナー
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー