オオクワガタ

  • ブックマーク
オオクワガタの写真

写真ギャラリー

オオクワガタの迫力

オオクワガタの大型個体

オオクワガタの小型個体

大クワガタのメス

大きな内歯と、アゴの先には小歯が一対

オオクワガタ

オオクワガタ

オオクワガタ

オオクワガタ

オオクワガタのメス♀の裏側

クワガタムシ科まとめ 鍬形虫図鑑

オオクワガタってどんな虫?

日本で最大級の大きさを誇るクワガタムシで、今では飼育もメジャーな昆虫ですが野生では数を減らしています。昔は飼育方法が確立されておらずに、天然のオオクワガタといえば「黒いダイヤ」などと言われ高値で取引されていました。子供の頃にも「一攫千金狙うぞー」とか言ってオオクワガタを探しに行ったものです。見つからなかったですけど・・・。

オオクワガタの写真
自由研究などでもよく飼育されています。

絶滅危惧Ⅱ類(VU)

飼育やペットとして人気が高いので馴染みが深いのですが、野生の環境下では数を減らして2014環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。各都道府県で出されているレでドリストやレッドデータブックでもなんらかの指定を受けています。

クワガタムシ科

昆虫の分類の中で硬い羽を持つのが特徴の甲虫目があります。その中に「クワガタムシ科」は含まれており、オオクワガタはその中の一種になります。日本では40種ほどが知られており、オスは大きなアゴを持つことで子供から大人まで人気の高い昆虫です。飼育も盛んに行われています。
この仲間には、ヒラタクワガタやミヤマクワガタ、ノコギリクワガタなど人気の昆虫がたくさん属しています。

オオクワガタの特徴

オオクワガタのオス(大アゴの形)

オスの大アゴは、大きな内歯(ないし)がひとつ。アゴの先に小さな小歯も見られ、太く湾曲した強そうなアゴをしています。
小型の個体でも内歯は確認できます。コクワガタなどは、小型個体になると内歯が消失することもあります。

オオクワガタのオスは大型・小型で特徴に違いが出てきます。

オオクワガタの大型個体

オオクワガタの大型個体では、内歯は前方をむいています。
羽にはあまり目立った筋は入りません。

オオクワガタの写真
大型個体。アゴの内歯が前方を向いています。
オオクワガタの写真
オスの大型個体。
オオクワガタの写真
羽にはあまり目立った筋は入りません。
オオクワガタの写真
大型個体を上から。
オオクワガタの写真
横からだと内歯が前方を向いているのがわかりやすいです。

オオクワガタの小型個体

オオクワガタの小型個体では、内歯の位置が下がって横をむいています。
羽に筋が入ってきます。

オオクワガタの写真
小型個体。内歯の位置が下がって横を向いています。
中央よりも下におりているので、なんだかネブトクワガタのような雰囲気があります。
オオクワガタの写真
オスの小型個体。
オオクワガタの写真
小型個体では、羽にスジが入るようになります。
オオクワガタの写真
上から。
オオクワガタの写真
アゴは横向きですが、上に尖っているのがわかります。

オオクワガタの写真
オスの小型個体。内歯の位置は中央付近で横向きになっています。

オオクワガタのメス

オオクワガタのメスは、羽に光沢があり、明瞭な縦筋が入ることが特徴です。

オオクワガタの写真
オオクワガタのメス。強い光沢感のあります。
オオクワガタの写真
正面から。
オオクワガタの写真
メスのアゴ。

オオクワガタの写真
上から。

オオクワガタの写真
羽には筋が入っています。

ワンポイント!

クワガタムシの特徴として触角の第1節が長いことや、触角の先が分かれているところが同じコウチュウの仲間のコガネムシなどと違うところです。

オオクワガタの生態

臆病な性格

オオクワガタは警戒心が強く樹洞に潜んでいることが多いです。
野外で見つけるのは簡単ではありません。

雑種のオオコクワガタ!?

不思議な関係ですが、オオクワガタとコクワガタの間で交尾をして雑種が生まれることが知られています。
オオクワガタとコクワガタ両方の特徴を併せ持った「オオコクワガタ」が生まれるようですが、幼虫での死亡率が高く飼育は難しいです。

オオクワガタの寿命

成虫になるまでだいたい二年くらいかかります。さらに活動を開始するまで一年程じっとしていて、活動を始めると何度か越冬もして数年生きるので寿命は長い方です。

飼育下では5~6年生きたりもします。

走光性

光に集まる習性をもっています。
しかし、樹洞や木の奥に潜んでいることが多いので、光が届かずにライトトラップなどに飛んでくることはまれです。

オオクワガタの分布や生息環境

日本では北海道から九州まで見ることが出来ます。
雑木林やブナ林などに生息し、夜行性で昼間は木の洞などに隠れていることが多いです。

移動性はあまり高くないので飛ぶことも珍しいですが、住処を変えるときや灯火に向かうときには飛んでいきます。

クワガタムシの仲間をもっと見る!

クワガタムシ科まとめ 鍬形虫図鑑

クワガタムシ特集バナーの画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー