ホタルガ

  • ブックマーク
ホタルガの写真

写真ギャラリー

首が(頭部の一部)赤いのが印象的(奈良)

白い帯が目立つ(奈良)

ホタルガ(奈良)

マダラガ科まとめ 斑蛾図鑑

ホタルガってどんな虫?

首元が赤くなっているのが特徴的で、幅の広い羽に白い帯の入ったデザインをしています。

全体が黒くて顔が赤い色をしているのが、蛍(ホタル)の仲間を連想して名前がつけられています。

マダラガ科

昆虫の分類でチョウ目(鱗翅目)があります。このサイトでは更に「チョウ類とガ類」にわけて掲載していますが、「マダラガ科」はガ類に含まれる仲間です。
昼行性の仲間が多く、美しい模様を持つ種類が沢山含まれています。

ホタルガの特徴

頭部が赤くなっていますが、前面は黒いので首元が赤色になっている印象です。
黒い羽に白い帯が入っているのも目立ちますね。

ホタルガ

ホタルガの写真
頭部の赤色が凄く目立ちます。
ホタルガの写真
白い帯は羽の後ろの方に入っています。
ホタルガの写真
羽の幅は広い印象でマントをかぶっているみたいです。

シロシタホタルガとの違い

羽を開いたときに見える後ろの羽(後翅)に白色部があるのが特徴です。
正確に判断するには、飛んでいるところを確認するか、捕まえて後ろの羽を見てみるのが一番でしょう。

他にも、実は白い帯の入っている位置が違います。
ホタルガの白い帯の位置よりも、シロシタホタルガの帯は前方にあります。羽の中央近くに白い帯が入っていると覚えても良いと思います。

生態や成長

毒を持つ幼虫

幼虫は刺激を受けると分泌液を出します。
これに触るとかぶれたりすることがあるようです。

昼行性の蛾

基本的には昼間に活動し、オスは低い位置を飛びながらメスを探しています。

昼間に活動する昼行性ですが、夜間に光にやって来ることもあります。

分布や生息環境

北海道から沖縄の方まで全国的に見ることのできる昆虫です。
海外ではインドやマレー地域、台湾、中国北部、潮位線半島などでも見ることができるようです。

マダラガの仲間をもっと見る!

マダラガ科まとめ 斑蛾図鑑

マダラガ科のバナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー