フタツメオオシロヒメシャク

  • ブックマーク
フタツメオオシロヒメシャクの写真

フタツメオオシロヒメシャクってどんな虫?

目玉模様が特徴的

白く綺麗な羽に二つの大きめの目玉模様が入っています。
前羽にはっきりと、後ろの羽にも薄めに目玉模様が入っているのが印象的です。

キラキラした鱗粉(りんぷん)

目玉模様には部分的に金属光沢のあるキラキラした模様が入っています。
その輝きがとても美しい蛾の仲間です。

シャクガ科

昆虫の分類でチョウ目に含まれる、一般的に「蛾(ガ)」と呼ばれるもののなかの一群にシャクガ科はあります。フタツメオオシロヒメシャクはその中の一種です。シャクガの幼虫はまるで尺(しゃく)を取るように移動することが知られており、尺取虫(しゃくとりむし)の相性で親しまれています。

生息地や分布

本州から南西諸島まで広く見ることができます。
写真は石垣島で撮影しました。

幼虫の食べ物、餌(エサ)

幼虫はネズミモチ、ツシマイボタなどのモクセイ科の植物の葉を食べます。

シャクガ科まとめ 尺蛾図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)