毎月昆虫を楽しもう!ムシミル編集部がお届けする 昆虫知る見る「月刊ムシミル」はこちらから

トビモンオオエダシャク

  • ブックマーク
トビモンオオエダシャクの写真

写真ギャラリー

大型のシャクトリムシ(兵庫)

頭部の突起が目立ちます(兵庫)

たぶん2齢で脱皮前

脱皮で頭部の突起が尖ってきました

さらに脱皮で頭部の突起が伸びてきました

突起が伸びてウサギのような雰囲気に

終齢になると、突起が縮んで猫っぽい顔に

ボリュームのある体は重たそうですがしっかり枝につかまります

可愛い顔をしています

サナギと脱皮殻

トビモンオオエダシャクの幼虫(終齢)

シャクガ科まとめ 尺蛾図鑑

トビモンオオエダシャクってどんな虫?

早春に現れる蛾の仲間で、2月の下旬頃から5月頃まで年に一回(年一化)だけ見ることのできるガの仲間です。
幼虫の体が、長くボリュームのある大型シャクトリムシで、頭部にある突起が目立つことで人気もあります。

シャクガ科

昆虫の分類でチョウ目に含まれる、一般的に「蛾(ガ)」と呼ばれるもののなかの一群にシャクガ科はあります。トビモンオオエダシャクはその中の一種です。シャクガの幼虫はまるで尺(しゃく)を取るように移動することが知られており、尺取虫(しゃくとりむし)の愛称で親しまれています。

トビモンオオエダシャクの特徴

成虫の羽は、灰褐色から茶褐色で変化がありますが、特にオスでは黒く入った横線の模様は安定しています。
メスは少し淡い印象で斑紋が不明瞭になるものが多いです。

生態

幼虫の食べ物や餌(エサ)

幼虫はサクラの葉っぱやツツジ、クヌギ、ケヤキなどいろいろな葉っぱを食べることができる広食性のシャクトリムシです。
様々な場所で見ることができます。

脚(腹脚/ふくきゃく)

大きな体を支えるのに、木につかまる部分の腹脚がしっかりしています。
指に乗せてみたら、その力強さにびっくりしました。

トビモンオオエダシャクの写真
腹脚でしっかりと枝を掴みます。簡単には引きはがせません。
トビモンオオエダシャクの写真
指に乗せてみると、その力強さがよくわかりました。

天敵

天敵は他の肉食の昆虫や生き物たちです。
特に体が小さい頃はやられたい放題になってしまうので、枝のふりをすることで身を守っているのだと思います。

しかし、何匹か見つけた2齢と思われる小さな幼虫を観察していたら、4匹中3匹が寄生蜂にやられていました。
自然はなかなか厳しいですね。

ある時、幼虫が動かなくなってきて、脱皮かな?と思っていたら白い繭を発見します。
しばらくそのままにしておくと、幼虫は力尽きて死んでしまい、白い繭からは寄生蜂の一種が出てきました。

トビモンオオエダシャクの寄生蜂の写真
幼虫から出てきた寄生蜂の一種。

成長(幼虫・サナギ)

幼虫(見つけた小さな幼虫)

ツツジの葉っぱについていた小さなシャクトリムシを発見しました。
頭部に突起があったので、成長するとどんな表情を見せてくれるのか気になったので観察することに。

成長するとトビモンオオエダシャクとわかりましたが、成長がかなりゆっくりなイモムシです。
参考に撮影した日付も入れています。

トビモンオオエダシャクの写真
4/29 かなり小さい時の幼虫。
胸のところが膨らんでいるのは脱皮間近だからです。
1齢幼虫には頭部の突起がないので、たぶん2齢幼虫。

幼虫(一回脱皮)

一回脱皮をすると、頭部の突起がかなりはっきりしてきました。

トビモンオオエダシャクの写真
5/1
トビモンオオエダシャクの写真
4/29
トビモンオオエダシャクの写真
4/29

幼虫(二回脱皮)

頭部の突起がかなり大きくなりました。
どのくらい伸びていくのか楽しみです。

トビモンオオエダシャクの写真
5/9 シャクトリムシなので、尺を取るポーズです。
トビモンオオエダシャクの写真
5/9 腹脚で捕まるだけで、体を持ち上げます。
トビモンオオエダシャクの写真
5/9
トビモンオオエダシャクの写真
5/9
トビモンオオエダシャクの写真
5/11

幼虫(三回目の脱皮直前)

頭部に突起があるので、脱皮の直前になると胸部のあたりが、次の頭のために大きく膨らんできます。
観察していて驚いたポイントですね。

トビモンオオエダシャクの写真
5/15 胸部が尖ってきているのは次の頭の準備をしているから。
トビモンオオエダシャクの写真
5/15
トビモンオオエダシャクの写真
5/15 横から見ると胸部の膨らみがわかりやすい。

幼虫(三回脱皮)

突起も長いですが、前回からは大きく伸びませんでした。

猫っぽい顔などと言われますが、この段階ではウサ耳っぽいですね。

トビモンオオエダシャクの写真
5/16
トビモンオオエダシャクの写真
5/22
トビモンオオエダシャクの写真
5/22
トビモンオオエダシャクの写真
頭部の脱皮殻

幼虫(四回脱皮)

なんと、突起は縮んでしまいました。
どこまで伸びるのかと思っていましたが、最後にはこのくらいに落ち着くようです。

サクラの新芽などに頭部の突起が似ているという話をよく聞きます。
植物の成長に合わせた変化なのかもしれません。

トビモンオオエダシャクの写真
5/27 脱皮したてで色が薄い。
トビモンオオエダシャクの写真
5/27 気がついたら脱皮してました。お尻の先には脱皮した皮。
トビモンオオエダシャクの写真
頭部の脱皮殻
トビモンオオエダシャクの写真
5/29
トビモンオオエダシャクの写真
5/29

幼虫(終齢)

飼育環境では終齢の期間が1ヶ月以上ありました。
その間にもエサを食べて大きく育っていきます。

トビモンオオエダシャクの写真
6/11 この時点でも大きい。
トビモンオオエダシャクの写真
6/27 2周間ほど経つと、さらに大きく育っていました。

幼虫(前蛹/ぜんよう)

元気だった幼虫が、地面におちて動きが悪くなってきます。

とうとう蛹になる準備を始めたんですね。
長かった体も、丸っこいサナギに変化させるのでかなり縮んでいきます。

トビモンオオエダシャクの写真
7/15 元気がなさそうに見えるこのタイミングは、死んでしまうのではないかとハラハラします。
トビモンオオエダシャクの写真
7/24 かなり縮んできました
トビモンオオエダシャクの写真
7/24 知らなかったら死んでるみたいです。

幼虫(蛹/さなぎ)

前蛹(ぜんよう)らしくなってから1周間くらいでサナギになったようです。
8/2に確認をしたのですが、もう少し早い段階でサナギになっていたと思います。

トビモンオオエダシャクの写真
8/2 無事にサナギに。
トビモンオオエダシャクの写真
8/2 脱皮殻
トビモンオオエダシャクの写真
あんなに長かったイモムシが、こんなにコロンと。
トビモンオオエダシャクの写真
びっくりしたのは、耳みたいのがついていること。
サナギの段階でも突起をつけるとはこだわりですね。

成虫

うまくいけば、秋から冬の時期をサナギで過ごし、2月頃には成虫が見られるはずです。

分布や生息環境

北海道から南西諸島まで全国的に見ることができます。
幼虫の食草の幅が広いので、都市部の公園などでも見ることができたりします。

シャクガの仲間をもっと見る!

シャクガ科まとめ 尺蛾図鑑

シャクガ科バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)