オオウンモンクチバ

  • ブックマーク
オオウンモンクチバの写真

写真ギャラリー

灯火にやってきたオオウンモンクチバ(大阪)

昼間に活動しているのも見かけます。後翅は淡色(大阪)

葉っぱの下の方に隠れるように止まります。

ヤガ科まとめ 夜蛾図鑑

オオウンモンクチバってどんな虫?

三角形に羽を閉じて止まる面白い蛾の仲間です。

基本は夜行性の種と思われ、夜間の灯火に集まってきたりします。
しかし、昼間にも見かける昆虫で、撮影していると飛んで出てくることがあります。
ただ、草の下の方の部分に隠れるのが好きな印象で、近づいていくとすぐに逃げていきます。
昼間はちょっと神経質になっているのかもしれません。

オオウンモンクチバの写真
オオウンモンクチバ

ヤガ科

昆虫の分類でチョウ目に含まれ、一般的に「蛾(ガ)」と呼ばれる中の「ヤガ科」にオオウンモンクチバは含まれます。
ヤガ科の昆虫たちは、なんと1000を超える種類が確認されているそうで、とても大きな分類群であることがわかります。

漢字で「夜蛾」と書きますが、そんなにたくさんの種類がいると夜に活動するものばかりでもありません。
オオウンモンクチバは、夜にも昼にも活動しているのを見かけることがあります。

オオウンモンクチバの特徴

「ウンモンクチバ」と名前に入るものの中では一番大きな種類です。
前羽は色彩の変化が大きいですが、他の種類よりも赤みを帯びていることが多いです。
ちなみに、後ろの羽は多種よりも淡色です。

そして、前羽の先の方に入る黒い模様ですが、にじんだ様になっているのも本種の特徴です。

オオウンモンクチバの生態

幼虫の食べ物、餌(エサ)は?

幼虫の時期の食べ物はマメ科の植物を中心に食べ、クズやフジなどで観察されているようです。
国外のものだと、オヒシバ(イネ科)やエニシダ(マメ科)などを食べて成長していることが知られています。

オオウンモンクチバの分布や生息環境

本州から南西諸島まで広く見られます。
国外では、インドからオーストラリアと太平洋地域の熱帯に広く分布する昆虫です。

ヤガの仲間をもっと見る!

ヤガ科まとめ 夜蛾図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー