ギフチョウ

  • ブックマーク
ギフチョウの写真

写真ギャラリー

ギフチョウの交尾。

黄色と黒の美しい縞模様。

サナギから出てきたギフチョウ。

サナギから出てきて羽を伸ばす場所を探している。

羽化して羽を伸ばすところ。

羽が伸びてきた。ちょっと凛々しい。

羽を広げてのんびりしている。

ギフチョウの羽の鱗粉。美しい模様です。

ギフチョウを横から見たところ。

春の女神と呼ばれるチョウ。

ギフチョウってどんなチョウ?

アゲハチョウ科のチョウ

ギフチョウはアゲハチョウ科に分類されています。キアゲハやカラスアゲハなどと近い仲間です。

日本固有種

日本固有種というのは、日本でしか見ることのできない種であるということです。島国で独自の進化を遂げ、複雑な地形と四季が織りなす環境から固有種の多い国ではあるのですが、ギフチョウも日本でしか見ることはできません。学名にもjaponicaと入っているのが雰囲気ありますね。特産種などと呼ばれることもあります。

ヒメギフチョウとの違い

羽を広げた時の、後ろ羽の端にある紋の色が、オレンジなのが「ギフチョウ」で黄色いものは「ヒメギフチョウ」です。

ギフチョウの羽の模様

ギフチョウ
後ろの羽の縁くらいにあるオレンジの紋がポイント。ヒメギフチョウはこの部分が黄色い。

春の女神

春先にのみ現れるチョウで、春の女神と呼ばれ親しまれてきました。日本でしか見られないということもあるでしょうが、古くから里山などで見られてきたチョウでした。

絶滅危惧種

本州全域に生息していましたが、里山の荒廃や開発などで生息できる環境が減少し見られる場所が限られてきています。現在(2019年)では絶滅危惧II類に分類され、絶滅の危険が増大していると危惧されています。(絶滅危惧II類は絶滅の危険が増大している種のこと)

絶滅危惧種とは(環境省)

https://www.env.go.jp/nature/yasei/ex-situ/step0.html

シマシマの虎模様

黄色と黒の縞々(しましま)模様が目立つ美しいチョウチョです。春の女神と呼ばれているが、実は虎柄のような激しい模様をしています。カタクリの花にとまっている姿などがフォトジェニックで、よく写真に撮られています。

ギフチョウの羽化

数を減らすギフチョウに対して環境の整備や、飼育を行っている人や団体もいます。飼育している人に羽化の様子を観察させていただきました。

ギフチョウの羽化の写真
サナギは茶色くゴツゴツしています。一部がパカッと割れて頭がのぞいてきました。羽化の瞬間です。
ギフチョウの羽化の写真
気に入った場所を見つけると羽を伸ばしていきます。
ギフチョウの羽化の写真
サナギから出てくると、羽を伸ばす場所を探していきます。ゴツゴツしたサナギから美しい模様のチョウが出てきました。
ギフチョウの写真
羽がのびると広げて飛び立つ準備を始めます。

アゲハチョウ科まとめ 蝶の図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー