タテハモドキ

  • ブックマーク
タテハモドキの写真

写真ギャラリー

オレンジ色に眼状紋が特徴的

夏型のメス♀はスジが白い

夏型のオス♂はスジが淡い黄褐色

タテハモドキってどん蝶?

大きな目玉模様が特徴のタテハチョウの仲間です。
裏にも表にも目玉模様があるデザインで、表の羽はオレンジ色の中に目玉模様が入って個性的です(夏型)。

タテハモドキの特徴

夏型の眼状紋が目立つデザインはかなり特徴的で近似種もおらず見分けるのは難しくありません。

夏型と秋型の変化

タテハモドキは夏型と秋型で裏の羽の模様が大きく変わります。
夏型では眼状紋が目立つが、秋型になると目玉模様がなくなって枯れ葉のようなデザインになります。
秋になると枯れ葉が多くなるのでそのような変化をするようになったのでしょう。枯れ葉模様になるとまるでクロコノマチョウにも似ています。

オスとメスの違い「夏型」

秋型の枯れ葉デザインではオスとメスで違いはほとんどありませんが、夏型の眼状紋タイプではオスとメスに違いが見られます。
羽の中央を通るスジがオスでは淡い黄褐色で、メスは白色になります。

タテハモドキの写真
メスはスジが白い。
タテハモドキの写真
オスではスジが白っぽい黄褐色。

タテハモドキの成長

幼虫

幼虫の時はトゲトゲのついた黒色のトゲイモムシです。

蛹(サナギ)

白黒っぽい、砂利のようなトリノフンのようなデザインの垂蛹(すいよう)です。

タテハモドキの分布や生息地

九州の南部から南西諸島にかけて生息するチョウです。

以前は九州に定着していませんでしたが、温暖化の影響か今では九州の北部でも見られるようになってきています。

タテハチョウの仲間をもっと見る!

タテハチョウ科まとめ 蝶の図鑑

タテハチョウ科のバナー
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー