ショウジョウトンボ

  • ブックマーク
ショウジョウトンボの写真

写真ギャラリー

ショウジョウトンボのメス。赤くならない。(大坂)

ショウジョウトンボのメスを前から

蓮の葉に止まるショウジョウトンボ

緑色の背景によく映えます

ショウジョウトンボを上から

ショウジョウトンボのオス。鮮やかな赤色をしている(大坂)

ショウジョウトンボってどんな虫?

特に夏場によく見かける赤いトンボがいます。近所の池で見ることのできるそのトンボは、顔まで真っ赤っかになっていて戦隊モノのレッドのような印象です。赤い体をしているものってなんか、燃える情熱のようなものを感じてかっこよいのですよね。

蓮の池で見るショウジョウトンボは緑の中によく映えています。

緑に映えるショウジョウトンボのオス

ショウジョウトンボの写真
ショウジョウトンボのオス。蓮の緑によく映えています。

ショウジョウ(猩々)ってなに?

猩々(しょうじょう)というのは中国の伝説上の動物で、日本では赤い色のイメージが定着しています。そのために赤い色を指して使われることがあります。ショウジョウトンボのオスの特徴は、その顔の先から腹の先まで全身が赤いことです。ですからショウジョウの名前の由来になっているのですね。

ちなみに赤トンボと呼ばれるトンボにはアキアカネやナツアカネなどがいます。しかし、腹部などの一部が赤いものは多いのですが、ショウジョウトンボのように全体の赤いトンボはそんなに多くありません。

ショウジョウトンボの羽は透明になっていますが、その付け根のところは少し赤くなっていてとてもキレイです。

蓮に止まるショウジョウトンボのオス

ショウジョウトンボの写真
ショウジョウトンボのオス。羽は透明ですが付け根の部分には少し色が入っています。

トンボ科

昆虫の分類にトンボ目があります。その中にトンボ科が含まれていてショウジョウトンボはその一種になります。シオカラトンボやアキアカネなどはトンボ科の昆虫ですね!ちなみに、トンボ目にはヤンマ科やイトトンボ科などがあり、それぞれにいろんな特徴があったりします。

オスとメス

オスは全体が真っ赤であるのに対して、メスは赤い部分のないトンボなので雰囲気が全く違っています。メスは黄褐色をしていてオスと比べると地味な印象なんですね。地味な方が敵から見つかりにくいのでしょう。

しかし、そう考えるとオスが目立って敵をひきつけてメスの安全を守るような役割があると思います。きっと命がけでメスを守るのでしょうね。

オスとメスの比較

ショウジョウトンボの写真
ショウジョウトンボのオス♂。真っ赤なボディの派手な配色。
ショウジョウトンボの写真
ショウジョウトンボのメス♀。黄褐色の地味めな配色。

生まれたては同じ色?

オスの赤色が特徴的なトンボですが、実は羽化したてのオスとメスは全身が橙色をしています。その状態だとオスとメスを見分けるのは少し難しくなります。成熟してくると、オスは赤色の体に変改していき、メスは黄褐色の体の色に変わっていきます。

北海道から九州にかけて生息している

ショウジョウトンボは北海道から九州まで広い範囲に生息しています。南西諸島にもいるのですが、そちらに住むのはタイリクショウジョウトンボといって別種になります。

トンボ科まとめ トンボ図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー