アケビコノハの幼虫

  • ブックマーク

特徴

幼虫の目玉模様と、独特なポーズ

茶色や黒色の体に大きな黄色の目玉模様(眼状紋、がんじょうもん)を持った特徴的なイモムシ。(緑色のタイプもいる)
独特で目立つ雰囲気から人気も高い。
体の全体に青っぽい点状の模様もあり、少し暗いところで見ると、まるで宇宙を表しているかのような美しい模様をしている。

さらには頭を丸めてお尻を持ち上げる難易度の高いヨガのようなポーズを取って静止している様子も独特で人気を押し上げている。
ちなみに、頭を丸めた時に持ち上がる胸の部分がちょうど目玉模様になっている。
その目玉模様を目立たせるためにこんなポーズをとっていると思われる。

成虫は枯れ葉に擬態

成虫は羽を閉じていると、まるで枯れ葉のような模様をしている。
模様をしているというか、少し離れたら枯れ葉そのものである。
羽を広げると、後ろ羽は黄色に黒色の紋が入っていてこれまたびっくりする。

成虫で越冬(えっとう)

成虫で越冬している。
冬の間を安全に過ごすために、枯れ葉に擬態をしているのだろう。

フルーツ好き

成虫は夜間に活動して、熟れた果実の汁を吸う。
果樹に被害を与えることもあるそうで注意が必要だ。
アパートの壁に止まっているのを見つけたりもするので、灯火にやってくる習性もある。

概要

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。