毎月昆虫を楽しもう!ムシミル編集部がお届けする 昆虫知る見る「月刊ムシミル」はこちらから

ヘーネアオハガタヨトウ

  • ブックマーク
ヘーネアオハガタヨトウの写真

写真ギャラリー

白斑が目立つ

擦れているが、うっすらと緑色も入っている

どこにいるかわかるかな?

樹皮によくなじんでわかりにくい

ヤガ科まとめ 夜蛾図鑑

キリガの仲間まとめ 冬夜蛾図鑑

ヘーネアオハガタヨトウってどんな虫?

冬に見られる冬夜蛾(キリガ)の仲間で、少し小ぶりな印象の昆虫です。
樹皮の上でじっとしていると、見失いそうになリます。
白斑が目立っているのがわかりやすいのか、わかりにくいのか・・・。

ヤガ科

昆虫の分類でチョウ目に含まれる、一般的に「蛾(ガ)」と呼ばれる一群です。ヤガ科の昆虫たちは、なんと1000を超える種類が確認されているそうで、とても大きな分類群であることがわかります。

冬夜蛾(キリガ)として、冬に見られる蛾の仲間で「ヨトウガ亜科」に分類されています。

ヘーネアオハガタヨトウの特徴

樹皮の上で目立ちにくくなるまだら模様が特徴的です。
その中にある腎状紋内の白斑が目立ちます。
この白斑は、黒くなるものや桃色に染まる個体も見つかっているようです。

似た種類には「ヤマトハガタヨトウ」や「ヒマヤラハガタヨトウ」がいますが、白斑や羽の形、羽がきれいなものだと地色などで見分けます。

触角はオスが繊毛状、メスは糸状をしています。

ヘーネアオハガタヨトウの写真
顔アップ
ヘーネアオハガタヨトウの写真
横から
ヘーネアオハガタヨトウの写真
上から

生態や行動

食べ物や餌(エサ)は?

幼虫は飼育下ではアラカシなどで育ったようなので、自然下でもブナ科の植物などを好んで食べているのでしょう。

見つけ方?

糖蜜にも灯火にもやってきます。
羽化したての個体は苔色がとても美しいようですが、擦れてしまうと黄色みがかって見えてきます。

生息地と分布

本州から九州まで見られます。
海外では台湾、中国南部でも見られます。

ヘーネアオハガタヨトウの仲間をもっと見る!

キリガの仲間まとめ 冬夜蛾図鑑

キリガの仲間特集バナー画像

ヤガ科まとめ 夜蛾図鑑

ヤガ科特集バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)