毎月昆虫を楽しもう!ムシミル編集部がお届けする 昆虫知る見る「月刊ムシミル」はこちらから

キバラケンモン

  • ブックマーク
キバラケンモンの画像

写真ギャラリー

終齢幼虫

終齢イモムシの顔

終齢一段回前の幼虫

葉っぱをもりもり食べます

成長すると葉っぱの端からいっぱい食べていきます

少し模様がはっきりしてきた幼虫

脱皮したあとはちんちくりんな印象もあります

体の割に毛が長い

体が小さいのでツートーンカラーに見えます

若い幼虫、おそらく2齢

齢数のちがう幼虫。赤色の強いほうが若い幼虫で頭部の大きさが違う

黒色のサナギ

オレンジ色のサナギ

羽化間近のオレンジ色のサナギ

繭(まゆ)

羽化直後は羽を立てる

成虫はふわふわ

キバラケンモン

ヤガ科まとめ 夜蛾図鑑

キバラケンモンってどんな虫?

白黒の羽模様がとても美しい昆虫です。
見つけるとちょっと嬉しい気持ちになりますね!

幼虫は広食性で色んな葉っぱにつきますが、サクラの木などでも見つかるので身近な昆虫です。
若い幼虫は集団生活をし、大きくなると散らばっていきます。
小さい時はドクガのような雰囲気を持っているので、名前のわからなかった時は少し警戒したのですが、キバラケンモンとわかったら無毒なので実際に触ってみたりもしました。

特に痒みや痛みが出ることはなかったですね。

ヤガ科

昆虫の分類でチョウ目に含まれる、一般的に「蛾(ガ)」と呼ばれる一群です。ヤガ科の昆虫たちは、なんと1000を超える種類が確認されているそうで、とても大きな分類群であることがわかります。

ヤガ科の「ウスベリケンモン亜科」に分類されています。

キバラケンモンの特徴

白黒の羽模様が特徴的で、斑紋には変化がありますが雰囲気が大きく変わることはありません。
羽の下、腹部から後ろの羽の一部は黄色をしているのも特徴的です。

触角はオスもメスも糸状をしています。

似た種類には「ニセキバラケンモン」や「キタキバラケンモン」がおり、大きさや後羽の模様などで見分けることができます。

キバラケンモンの画像
顔のアップ
キバラケンモンの画像
全体
キバラケンモンの画像
斜めから
キバラケンモンの画像
横から
キバラケンモンの画像
上から
キバラケンモンの画像
羽を開くと黄色い模様が見える

生態や行動

食べ物や餌(エサ)は?

幼虫はサクラなどを中心に広食性です。

孵化(ふか)したばかりの幼虫は葉っぱの表面をかじるように食べますが、成長すると葉っぱをもりもり食べていきます。

キバラケンモンの画像
サクラの葉っぱをもりもり食べています。

成虫が自然下で何を食べているのかよくわかりませんが、ミカンをあげてみたらとても気に入ったようでずっと汁を吸っていました。

キバラケンモンの画像
ミカンの汁を吸うキバラケンモン

天敵や寄生バチ

天敵には鳥やイモムシを捕食する生き物がたくさんいますが、寄生されてしまうものもしばしば。

飼育観察していた幼虫たちの中で、他の幼虫たちよりも早い段階で繭を作り始めた一群がいました。
しかし、いち早く繭づくりをはじめた個体は、ほぼ寄生されていて寄生蜂と思われる繭がたくさん出てきていました。

その後、1~2週間遅れて繭を作った個体からは寄生バチが出てくることはありませんでした。

もしかしたら、宿主を操って早めに繭になる糸を吐かせているのかもしれません。
その中で繭になったら安全性が高まりますもんね。繭の中に繭を作るのですから。

キバラケンモンの画像
繭づくりの最中で中には寄生バチの繭が見えます。
キバラケンモンの寄生バチの画像
中から出てきた寄生蜂の一種。
キバラケンモンの寄生バチの画像
寄生蜂

発生と越冬

年に2~3回ほどの発生を繰り返し、冬は繭の中でサナギの状態で過ごすものや、幼虫で越冬するものもいるようです。

成長(幼虫・蛹・繭・成虫)

幼虫

毛虫の集団を見つけたので飼育して観察してみることに。

キバラケンモンの画像
赤色の強い方が若齢で、脱皮をすると黒っぽい幼虫になるみたい。
キバラケンモンの画像
若い方の幼虫。2齢くらいかな?
キバラケンモンの画像
一段回成長した幼虫。おそらく3齢。
キバラケンモンの画像
体が小さいのですごく毛が長く見えます。
キバラケンモンの画像
パッと見は黒とオレンジ色のツートーンカラー。
キバラケンモンの画像
次の日にはかなり大きくなった印象です。後ろの方のオレンジ色だったところも、模様が見えてきました。
しぼんでいた風船が伸びたような印象ですね。
キバラケンモンの画像
キバラケンモンのウンチ。集団なのでたくさん糞(フン)がたまります。
キバラケンモンの画像
前回脱皮してから一週間ほど経つと、みんな立派な体型に
キバラケンモンの画像
右が頭部。頭の後ろに毛玉があるのと、体の赤い模様が特徴的です。
どちらが頭かわかりにくくなっています。
キバラケンモンの画像
数日後、脱皮殻を発見。
キバラケンモンの画像
終齢幼虫。ふさふさの毛と頭部後ろの毛玉が見事。
キバラケンモンの画像
側面に白い毛が目立ちます。カレハガの幼虫の雰囲気に似ています。
キバラケンモンの画像
黒地に赤い模様。白い斑点も。

ケースのフタの裏や、枯れ葉を土台に繭を作りました。

キバラケンモンの画像
白い糸を吐いて繭を作って、その中でサナギになります。

繭の中の蛹(サナギ)

サナギの様子が気になったので、繭を開けて中のサナギを観察してみました。
驚いたのはサナギの色。
オレンジ色や黒色で、別の種類みたいです。

もしかしたら、繭を作る場所に合わせてサナギ状態の色を変化させているのかもしれません。

キバラケンモンの画像
明るい体色で、オレンジ色味のあるサナギ。
キバラケンモンの画像
真っ黒なサナギ。

羽化直前の蛹(サナギ)

明るい体色をしていたオレンジ色のサナギが羽化直前です。
透けた羽の模様がとても美しくてびっくりしました。

キバラケンモンの画像
羽化直前。正面から。
キバラケンモンの画像
横から見ると、羽の模様がよくわかります。

羽化

気がつけばケースの中に動くものが。

羽化する個体が出てきました。
羽を立てた状態でしっかりと伸ばし、羽ができあがるとたたみます。

キバラケンモンの画像
羽化したばかりは、羽を立てて伸ばしている。
キバラケンモンの画像
羽化したばかりでふわふわです。

成虫

キバラケンモンの画像
成虫

生息地と分布

北海道から南西諸島まで全国的に広く見られます。
海外では台湾、朝鮮半島、ロシア南東部、中国からヒマラヤ山脈周辺での記録があるようです。
サクラなどで見つかるので都市部の公園などでも見つかります。

キバラケンモンの仲間をもっと見る!

ヤガ科まとめ 夜蛾図鑑

ヤガ科特集バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)