毎月昆虫を楽しもう!ムシミル編集部がお届けする 昆虫知る見る「月刊ムシミル」はこちらから

チャバネフユエダシャク(幼虫)

  • ブックマーク
チャバネフユエダシャクの画像

写真ギャラリー

見つけた時の中くらいの幼虫(大阪)

シャクトリムシらしいポーズ

腹面の黄色が目立ちます

成長すると、頭部の色はしっかりとした茶褐色に

前蛹(ぜんよう)

サナギの背面

サナギ

シャクガ科まとめ 尺蛾図鑑

フユシャクの仲間まとめ 冬尺蛾図鑑

チャバネフユエダシャクってどんな虫?

雑木林などで見かける幼虫で、初夏の頃によく見られるようです。
私は近所の都市公園で、4月の下旬に見つけたので、地域や気候によって出現時期はかなりずれるようです。

フユシャクの仲間なので、成虫も冬の時期に姿を見せますが、早いところでは11月頃~1月頃まで姿を現します。

シャクガ科

昆虫の分類でチョウ目に含まれる、一般的に「蛾(ガ)」と呼ばれる一群にシャクガ科はあります。チャバネフユエダシャクはその中の一種です。シャクガの幼虫はまるで尺(しゃく)を取るように移動することが知られており、尺取虫(しゃくとりむし)の愛称で親しまれています。

その中でも、冬にだけ姿を現す本種は「フユシャク」の仲間として親しまれています。

チャバネフユエダシャクの特徴

オスの羽は茶色ですが、明るいものから濃い茶色まで変化があります。

メスは羽を持たず、白色の地に黒い斑紋が目立つので「ホルスタイン」との愛称もあるようです。
斑紋には変化があり、黒い部分がくっついて大きな模様になるものも見られます。

生態

幼虫の食べ物や餌(エサ)

幼虫はいろんな葉っぱを食べることができる広食性のシャクトリムシです。

交尾

日没後すぐには配偶行動に移らないようで、少し遅い20時頃にも注意して探すと見つかるようです。

成長

幼虫

腹面が黄色い色をしているのが特徴的ですね。
シャクガの幼虫なので、尺を取るように動きます。

チャバネフユエダシャクの画像
中くらいの幼虫
チャバネフユエダシャクの画像
終齢の幼虫で、腹部の黄色い模様が目立ち、体の作りもなんだかしっかりとしたような気がします。
チャバネフユエダシャクの画像
頭部の茶褐色もはっきりと濃くなりました。

前蛹(ぜんよう)

チャバネフユエダシャクの画像
長い体が縮んで前蛹に入るので、いつも死んでしまうのではないかとハラハラします・・・

蛹(サナギ)

チャバネフユエダシャクの画像
サナギの背中
チャバネフユエダシャクの画像
しっかりとサナギになりました

分布や生息環境

北海道から南西諸島まで全国的に見ることができます。
国外では、朝鮮半島、中国、台湾、ロシア南東部にも分布します。

フユシャクの仲間をもっと見る!

フユシャクの仲間まとめ 冬尺蛾図鑑

フユシャクの仲間特集バナー画像

シャクガ科まとめ 尺蛾図鑑

シャクガ科バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)