ムラサキツバメ

  • ブックマーク
ムラサキツバメアイキャッチ画像

写真ギャラリー

ムラサキツバメの顔(奈良)

越冬中のムラサキツバメ(奈良)

シジミチョウ科まとめ 蝶の図鑑

ムラサキツバメってどんな蝶?

羽を閉じていると、地味だけどはっきりとしたまだら模様が特徴的です。
羽を開いたときの青紫色の羽もキレイですが、色が入るのはメスだけなんです。

暖地性の強いチョウでしたが、近年では分布を北上させているチョウでもあります。

シジミチョウ科

チョウの分類の中にはシジミチョウ科があります。(他にはアゲハチョウ科やシロチョウ科など)
羽の小ささや形が貝類の蜆(シジミ)に似ていることからシジミチョウと呼ばれています。

ムラサキツバメの特徴

雄と雌(オスとメス)の違い、青紫の羽

羽を閉じた裏面は、茶系の地味な色ですが、はっきりとした斑紋が確認できます。
広げた羽には青紫色の美しい模様が入っていますが、これはメスだけの特徴になります。

シジミチョウの仲間はオスのほうがキラキラした羽を持つ種類が多いので、ムラサキツバメはメスのほうが派手な印象を持つ珍しさがありますね。
もしかしたら、チョウの世界ではオスの方が華やかに見えるのかもしれません。

メスの写真

ムラサキツバメの写真
羽に青紫が入るのはメスの特徴
ムラサキツバメの写真
正面から。
可愛い顔をしています。
ムラサキツバメの写真
模様がはっきりしています。

似た種類の蝶

似ている種類がいくつかいるので紹介しておきます。

ムラサキシジミ

名前が似ていますが「ツバメ」か「シジミ」です。

裏の模様は不明瞭なムラサキシジミと比べ、ムラサキツバメの模様は鮮明なマダラ模様です。
ムラサキシジミにはありませんが、ムラサキツバメの羽には「尾状突起」と呼ばれるひらひらがついているので、そこで見分けることもできます。

それと、羽を開いた時に全体が紫の暗褐色なのはムラサキツバメのオスだけです。ムラサキシジミはオスもメスも羽を開くと中心部が強い青紫色をしています。

参考:ムラサキシジミとムラサキツバメ

ムラサキシジミの写真
ムラサキシジミは模様が不鮮明な物が多い。この写真のものは少しはっきり目。
尾状突起はないです。
ムラサキツバメの写真
ムラサキツバメは模様がはっきりとしています。
尾状突起があるので、これが確認できたらツバメの方です。

ルーミスシジミ

裏の模様は雰囲気は似ていますが、こちらは灰白色がベースになっているので間違えることはなさそうです。おまけに数も減らしているので、なかなか出会うことも少ないです。

生態や成長

成虫で越冬する

成虫で越冬することが知られていて、マテバシイなどの葉っぱの裏で集団越冬しているのが観察できます。春になると飛び回るようになり、花のミツなどを訪れます。不思議なのは春先の越冬直後は花のミツなどを訪れるのですが、越冬前くらいになると訪花性が低くなります。

ムラサキツバメのイモムシ(幼虫)

わらじ型のイモムシで枝先の若葉を丸めて潜んだりします。蜜腺(みつせん)を持っているので、そこから分泌する液をアリが好んでもらいにやってきます。そうすることで、アリに自分の身を守ってもらっていると考えられています。そういった関係を「共生関係」と呼びます。

ムラサキシジミの幼虫と生態や姿が似ていますが、胴部分の短毛の形が違うようです。

分布や生息環境

日本では本州から南西諸島まで見ることのできるチョウです。
暖かい地域を好む傾向の強いチョウですが、近年分布が北上しており関東でも見られるようになっています。

他のシジミチョウを見る!!

シジミチョウ科まとめ 蝶の図鑑

シジミチョウ特集バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)