ツマグロヒョウモン

  • ブックマーク
ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンってどんな蝶々?

タテハチョウ科の仲間

ツマグロヒョウモンはチョウ目のタテハチョウ科の昆虫です。その中でもヒョウ柄が特徴的なヒョウモンチョウと呼ばれる仲間の一種になります。タテハチョウの仲間は日本でも種類が多く、マダラチョウの仲間やジャノメチョウの仲間も含まれています。余談ですが、国蝶としても有名なオオムラサキもタテハチョウの仲間ですね!

ヒョウ柄(ひょうがら)のチョウチョ

オレンジに黒い紋の入るヒョウ柄のチョウチョです。ヒョウモンチョウの中でもツマグロヒョウモンは特によく見られます。日中から活発に飛び回ったり、花にやってきたりもします。

ツマグロヒョウモンの成虫

ツマグロヒョウモン
見事なヒョウ柄のツマグロヒョウモンです。ツマグロヒョウモンなどのタテハチョウの仲間の多くは前脚が退化しています。ひっこんでいるだけなのでよくみると使っていない前脚もあるのですが、昆虫は6本あるはずの脚が4本にしか見えないですね。

ツマグロ(褄黒)模様

メスは羽の表側は先の方が黒色と白色の帯になっています。羽の先が黒くなっているのでツマグロと名付けられました。オスはツマグロになっていないのですが、オスメスともに羽を閉じたときの模様が特徴的です。

ツマグロヒョウモンの幼虫はトゲトゲ

黒い体に赤い模様が特徴的です。かなり激しいトゲトゲがついているのでかなり派手なイモムシです。

ツマグロヒョウモンの幼虫の写真

ツマグロヒョウモンの幼虫
ツマグロヒョウモンの幼虫

幼虫の食草

スミレ科の植物を食べるので、園芸用のパンジーなどでもたまに見つけられます。大きな花壇などでも農薬などあまりまかれてなければ見ることができると思います。

宝石がついたようなサナギ

茶色いサナギですが突起がついており、その部分がメタリックに光っています。まるで宝石がついているように見えて不思議なデザインのサナギです。

都会でも見られる

園芸用やベランダで育てているパンジーなどで育っていることもありますし、公園などでもよく見られるので比較的都会や街なかでも見ることができます。パンジーなどについていると、可愛らしい花にすごくいかつい幼虫がついているので驚くことがあります。

道路脇のツマグロヒョウモンを撮影した一枚

スマホ ツマグロヒョウモン
スマホで撮影したツマグロヒョウモン。都会の道路脇の緑の中にポツンと止まっていました。近くを車などが通っても落ち着いたものです。

道路脇の植物にとまっていたツマグロヒョウモン。買い物途中にたまたま見つけて持っていたスマホで撮影しました。こんな風に街なかでも見ることができます。

蝶(チョウ)や蛾(ガ)の仲間はこちら

蝶(チョウ)のことがもっと知りたい

概要

写真ギャラリー

花によくやってくる

じっと休んでいる。ヒョウ柄が特徴的。

黒と赤色のパンキッシュなデザイン(奈良)

トゲトゲが凄いがチョウの幼虫です(奈良)

都会でも普通に見ることのできるチョウチョだ(大阪)

表の羽の後ろ側の黒帯が目立つのが特徴。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。