オオシオカラトンボ

  • ブックマーク
オオシオカラトンボのアイキャッチの画像

写真ギャラリー

水辺の近くで休んでいる。縄張りかな?(大阪)

オスとメスが一緒に飛んでいた(大阪)

複眼が黒いのはシオカラトンボと違う点(大阪)

羽の付け根は黒くなっています(大阪)

青白い印象です(大阪)

民家や田んぼの近くでも見られます(大阪)

オオシオカラトンボのメス(大阪)

メスも羽の付け根は黒い(大阪)

数mmのヤゴ(大阪)

ヤゴと呼ばれる幼虫(大阪)

羽化の様子(大阪)

羽化で羽を伸ばす(大阪)

交尾の様子。オスとメスでは色が違う(滋賀)

オスの腹部から精子の受け渡しを行います(滋賀)

オオシオカラトンボのオス シオカラトンボより少し大きい(大阪)

トンボ科まとめ トンボ図鑑

オオシオカラトンボってどんな虫?

全国的に分布し、割りと普通に見られるトンボの仲間です。
シオカラトンボ同様に、オスは白い粉をまとっているのが印象深いですが、違っているところを覚えておくと見つけたときの観察もより楽しくなりますよ!

田んぼやため池でも見られるので、近所でもよく見られるトンボの仲間です。
公園にある池の周りでも見られるので、大阪にいても馴染み深い昆虫ですね。

オオシオカラトンボの写真
オス♂
オオシオカラトンボのメス♀の写真
メス♀

トンボ科

昆虫の分類にトンボ目があります。その中にトンボ科が含まれていてオオシオカラトンボはその一種になります。シオカラトンボやアキアカネなどはトンボ科の昆虫ですね!ちなみに、トンボ目にはヤンマ科やイトトンボ科などがあり、それぞれにいろんな特徴があります。

オオシオカラトンボの特徴

オオシオカラトンボの特徴としては、

  • 白っぽい粉に覆われる(オス)
  • 目の色が黒っぽい
  • 羽の付け根が黒くなる

などが、他のトンボと見分けるのにわかりやすい特徴です。

塩辛(シオカラ)に覆われたような粉

白い粉に体が覆われているのが特徴です。
シオカラトンボよりも青白い印象のトンボですね。

オオシオカラトンボの写真
オオシオカラトンボはシオカラトンボよりも一回り大きく、白っぽいオスが特徴的なトンボ科の昆虫です。

目の色が黒っぽい

シオカラトンボの複眼はグリーンカラーなのですが、オオシオカラトンボは黒っぽい複眼をしています。
一番覚えやすく、大きく違う点です。

オオシオカラトンボの写真
オオシオカラトンボの複眼はシックなブラック
シオカラトンボの写真
シオカラトンボの複眼は美しいグリーンカラー

羽の付け根が黒っぽくなっているのも特徴の1つ

シオカラトンボの羽は全体的に透明ですが、オオシオカラトンボの羽の付け根は少し黒くなっている部分があります。オスメスどちらも同様なので、違いを見るときの参考になります。

オオシオカラトンボの写真
羽の付け根は黒くなります。シオカラトンボは付け根まで透明です。

オスとメスの違い

シオカラトンボ同様メスは黄色っぽい色彩をしています。
雰囲気が全く違うので、慣れないと一緒の種類とわからないかもしれませんね。

オス♂

オオシオカラトンボの写真
オスは成熟すると、全体が青白くなります。

メス♀

オオシオカラトンボのメス♀の写真
メスは青白くならず、黄色とかムギワラ色と呼ばれる色彩です。
オオシオカラトンボの写真
色が違っても同じ種類のオスとメスです。

形態的な違いとして、腹部の付け根あたり。ふくらんだところを見てみると違いがあります。
オスには突起がありますが、メスはなだらかになっています。
これはトンボ科の仲間に共通している特徴です。

オオシオカラトンボのオス♂の写真
オスには突起が見える。
オオシオカラトンボのメス♀の写真
メスはなだらかになっている。
オオシオカラトンボのメス♀の写真
メス♀のおしりの先。
おしりの先に大きく膨らんだ部分があるのはメスの特徴です。

未成熟オスとメスの違い

未成熟なオスはメスと雰囲気が似ているので、確認できそうだったら、先に紹介した腹部の付け根あたりをチェックできると確実ですよ!

ここで紹介している写真ではメスの写真が羽化したばかりなので、付け根の色も薄いです。
羽化したばかりだと、他のトンボとも間違えそうです。

オオシオカラトンボのオスの羽化したての写真
羽化したばかりのオス。
まだ白い粉をふかないのでメスと似ている。
オオシオカラトンボのメス羽化したての写真
羽化したてのメス。
時間が経っていないので、羽の付け根の模様も薄い。

次の項目で、色んな角度からのオスとメスの写真を載せています!

雄(オス♂)と雌(メス♀)

オス、オスの未成熟、メスの白バック写真です。

オス♂

オオシオカラトンボの写真
オス:顔
オオシオカラトンボの写真
オス:正面
オオシオカラトンボの写真
オス:斜めから
オオシオカラトンボの写真
オス:全体
オオシオカラトンボの写真
オス:上から

未成熟のオス♂

オオシオカラトンボの写真
未成熟オス:全体が黄色くメスと間違えやすい。
オオシオカラトンボの写真
未成熟オス:斜めから
オオシオカラトンボの写真
未成熟オス:上から

メス♀

オオシオカラトンボのメス♀の写真
メス:斜めから
オオシオカラトンボのメス♀の写真
メス:全体
オオシオカラトンボのメス♀の写真
メス:上から

オオシオカラトンボのヤゴ(幼虫)

終齢のヤゴの白バック写真です。
上から見たときに、頭部は横長の長方形で、背中の棘は4~7節にあります。

ヤゴ

オオシオカラトンボのヤゴの写真
ヤゴ
オオシオカラトンボのヤゴの写真
ヤゴの顔
オオシオカラトンボのヤゴの写真
横から
オオシオカラトンボのヤゴの写真
泥をある程度落としてキレイになった状態
オオシオカラトンボのヤゴの写真
泥がついた状態

生態

成熟したオスは水辺に静止するように止まって縄張りを作ります。
交尾は枝などに止まって行う様子が観察できます。

産卵は、メスが単独で水面を叩くように行います。
この時にお腹の先で水をすくい上げて卵と一緒に前方に飛ばします。

オスはメスについていって、飛びながら警護することが多いようです。
一緒に飛んでいるのを見かけることがあります。

スマホ オオシオカラトンボ
オスとメスが一緒に飛んでいました。

成長(幼虫、羽化、成虫、交尾)

トンボの仲間は不完全変態を行う昆虫で、幼虫時代はヤゴと呼ばれて水中で生活しています。
成虫になるために枝などに登って羽化をし、羽を持って空中を自由に飛び回ることができるようになります。

卵の期間は1~2週間程度です。

ヤゴと呼ばれる幼虫

幼虫の期間は2~8ヶ月程度と、気温や餌(エサ)によって大きく成長速度がかわるようです。
肉食なので、体長にあった水中に住む生き物を捕食して成長していきます。

オオシオカラトンボのヤゴの写真
数mmのとても小さなヤゴ
オオシオカラトンボのヤゴの写真
砂の上にいるとどこかわかりづらい・・・
どこにいるかわかりますか?
オオシオカラトンボのヤゴの写真
水中で泥などに潜って生活しています。
オオシオカラトンボのヤゴの写真
ヤゴの観察:頭部の下には前方に伸びるアゴを持っていて、他の生き物を捕食します。
オオシオカラトンボのヤゴの写真
ヤゴの観察:体には細かい毛がたくさんはえていて、これに泥などが付着し身を隠すのに役立っています。
オオシオカラトンボのヤゴの写真
ヤゴの観察:羽になる部分が大きいので終齢のヤゴです。

羽化(うか)

成虫になるために水中から出てきて羽化をします。

オオシオカラトンボの羽化の写真
体を反らすように半分だけ出てきました。
オオシオカラトンボの羽化の写真
脚でつかまれるようになる間、少しじっとしています。
オオシオカラトンボの羽化の写真
お腹も抜けて殻につかまりました。
オオシオカラトンボの羽化の写真
羽が伸び始めます。
オオシオカラトンボの羽化の写真
ゆっくりと羽を伸ばしていきます。
オオシオカラトンボの羽化の写真
ほんど伸びましたが、まだ透明感はありません。
オオシオカラトンボの羽化の写真
羽が伸び切ると透明な羽になっていきます。
オオシオカラトンボの羽化の写真
羽が伸びたら次は腹部を伸ばしていきます。
オオシオカラトンボの羽化の写真
腹部も伸びていきますが、寸胴な印象です。
オオシオカラトンボの羽化の写真
しゅっとしたスタイルになっていきます。
オオシオカラトンボの羽化の写真
じっとしたまま体が固まるのを待ちます。
前の写真から1時間ほどが経って模様もはっきりしてきました。
オオシオカラトンボの羽化の写真
透明度の高い羽はとても美しいです。
この後、時間をかけて羽の模様もはっきりしていきます。

成虫

羽化したら、オスは時間の経過で青白い粉をふいていきます。
メスは色がしっかりしますが、黄色い印象のトンボです。

オオシオカラトンボのメス♀の写真
羽化したのはメス♀でした。10日も経っているので、しっかりした模様になっています。

交尾

色の違うトンボがくっついていて、何をしているんだろう?
と、疑問になる人もいるようですがオオシオカラトンボはオスとメスで色が違うからですね。

オオシオカラトンボの写真
成熟すると交尾をします。

分布や生息環境

全国的に分布するトンボの仲間です。平地~山まで色んな場所で見られます。
身近な場所では水田や湿地など、樹木に覆われた薄暗い水たまりなどでも見られます。

私が住んでいる近所の溜め池にも生息しており、そこから流れてくる側溝でも見つかります。
時期が来ると側溝の壁にはいくつもの羽化した殻が見つかります。

オオシオカラトンボのヤゴの写真
近所の側溝で見つけたヤゴ。
こっちを見ていてびっくりした。

トンボの仲間をもっと見る!

トンボ科まとめ トンボ図鑑

トンボ科特集バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)