ホシホウジャク

  • ブックマーク

ホシホウジャクってどんな虫?

ホバリングする高い飛翔能力

かなり高い飛翔能力を持っている。
花から花へと飛び回り、飛んだまま空中で停止(ホバリング)できるので、飛んだまま長い口吻(こうふん)を伸ばして花のミツを吸う。
その動きはまるでハチドリのようだ。

羽を広げると派手な黄色模様

前羽は茶色のトーンで統一されているので、止まっているときは地味な印象だ。
しかし飛んでいるときなどの羽を広げているときには後ろ羽が見える。
後ろ羽には、派手な黄色い模様が入っていてびっくりする。

ハチに擬態

鉢に擬態していると言われている。
羽を閉じたときの地味な印象からは全くハチに見えないのだが、飛んでいるときには後ろ羽の黄色い模様が見えている状態だ。
その姿はハチに見えるのかもしれない。

昼間に活動

スズメガの仲間だが基本は昼間に活動して活発にミツを吸う。
しかし、夜中の灯火にも飛来することがあるようだ。

クロホウジャクとの違い

クロホシホウジャクのほうが一回り大きい。
他には後ろ羽の黄色い模様はホシホウジャクのほうが広く見える。
ホシホウジャクの前羽の先端には長方形の黒紋が確認できる。
などが違いになる。

幼虫の色

幼虫はヘクソカズラの葉っぱを食べるイモムシで、お尻に尻尾のような尾角(びかく)と呼ばれる突起がある。
スズメガの仲間に多い特徴だ。
全体が黄緑色になる個体と黄褐色になる個体がいる。

チョウやガの仲間はこちらから

概要

写真ギャラリー

顔が意外に可愛いのだ

ホバリングしながらミツを吸う。とても器用で、高い飛翔能力を持っている

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。